RECENT POSTS

「チームの熟成を感じる完勝。交代のチョイスにバリエーションを感じる戦力へ」〜2017年J2第24節 ツェーゲン金沢戦レビュー〜

jef_review ツェーゲン金沢

千葉VS金沢
2前半0
0後半0
2合計0
15シュート6
8GK9
6CK3
16直接FK9
3間接FK2
3オフサイド2
0PK0
<スタメン>


【得点】

4′ラリベイ⑨
45+1′町田 也真人③


【交代】
 

38′山本 真希→比嘉 祐介
80′ラリベイ→指宿 洋史
84′清武 功暉→為田 大貴

【警告】

 


<得点ランキング>
清武 功暉⑩
ラリベイ⑨
船山 貴之④ 

指宿 洋史③
町田 也真人③
高橋 壱晟②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑥
北爪 健吾⑤
乾 貴哉④
町田 也真人③
指宿 洋史③
ホルヘ サリーナス③
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑥
清武 功輝③
多々良 敦斗③
近藤 直也③
アランダ③
ラリベイ③
町田 也真人②
船山 貴之②
乾 貴哉②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
佐藤 優也①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①
高橋 壱晟①
佐藤 優也①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 6.5】
 ホームには神が宿る。後半唯一のピンチでビッグセーブ。ホームで久々のクリーンシートを達成。

【37:キムボムヨン:6.0】
守備面は相変わらず不安はあるが、両ウイングに揺さぶるロングボールは相手の体力の芽を摘み、リスクマネジメントする上では充分だった。

【3:近藤直也: 6.5】
躊躇なくロングボールをいれることで、チームのビルドアップの方針を明確に。前回やられた佐藤にポストプレイを自由にさせなかった。

【6:山本真希: 5.5】
いい感じでアランダとやり取りしていたが無念の負傷交代。歩いていたので早く直してほしいところ。

【28:乾貴哉: 6.5】
守備面では一つ危ないシーンがあったが、それ以外はそつなくこなした。攻撃面ではゴール前に入り込みチャンスメークを演出。也真人のゴールにも絡み、アシストランキングでは3位に躍り出た。既にレギュラーといってもいいかもしれない。

【14:アランダ: 6.0】
この人のインサイドハーフは本当にそつない。船山とのコンビはそんなに悪くない。

【15:熊谷 アンドリュー:6.5】
守備面はいうことなし。この相手であれば確実にはまることを証明。ビルドアップ面でも最終ラインに入り、アランダや勇人のような役割を全う出来ることにより相手の守備を絞らせない働き。攻撃面でもロングボールを素直に蹴ってチーム戦術理解度が上がってきている。

【10:町田也真人:7.0】
ようやく得点が出た。これで気楽にやってもらえると頼もしい限り。チームを引っ張る責任感が出てきているのはいいこと。俺たちジェフでのコメントからそう感じる。個人のメンタル面が成長の兆し。

【8:清武功輝:7.0】
ラリベイへのボール供給スピード、高さなどがなじんでアシストをマーク。船山へのボールも惜しかった。エースは好調をキープしている。

【11:船山貴之:6.5】
今日は船山がやりやすい戦い方だったのか。いい形でビルドアップに貢献。比嘉とのコンビも悪くなかった。

【9:ラリベイ: 7.0】
奥さんにささげる9得点目。ラリベイらしいヘディングが炸裂し試合運びを楽に。ポストプレイも今日の相手であれば問題なし。

【25:比嘉祐介:6.0】
久々の出場ながら、なかなかいい動きを見せる。オーバーラップのタイミングがよく、何度か決定的なクロスを供給。

【50:指宿洋史:6.0】
ラリベイの後がまで入ると存在感あり。相手の攻撃の気持ちを削ぐ存在感。幻のゴールもあり、パフォーマンスよし。

【13:為田大貴:6.0】
噂通りの左サイドでのカットインドリブルと運動量を披露。ゴールに絡む存在感をアピール。井出のようなプレイを期待。

【エスナイデル監督:7.0】
アウェイでの失敗を受けて、4-1-2-3に戻す。控えの選手の準備の仕方もよく、交代も的確だった。成長性を促すチームマネジメントは、ホームでやってもらい、アウェイは勝ちに行く布陣で望んでほしいところ。

<ターニングポイント:チームの熟成を感じる完勝。交代のチョイスにバリエーションを感じる戦力へ
①連勝時の4-1-2-3に変更し、安定した立ち上がり。しょっぱなからラリベイがゴールすることで有利な展開に。
②アンドリューの役割が明確化。攻撃面でのビルドアップ役としても自信が出てきている。
③清武と船山にシンプルにロングボールをいれる、サイドチェンジ時にすなおに受け渡すやり方で、相手を押し込むことに成功。この戦い方は今後の基本になっていってもらいたい。
④交代選手の出来が悪くない、久々に登場した比嘉はアピールに成功。指宿、為田もレギュラーに遜色のない出来で、サリナス、高橋、羽生、古川など、状況に応じたチョイスが可能になってきている。ここに今日発表された矢田君が入り、スクランブルな攻撃が可能になって行くことを期待。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

「アウェイで奇襲した4-4-2ダイヤモンドは不発。4連勝を逃す」〜2017年J2第23節 ロアッソ熊本戦レビュー〜

jef_review ロアッソ熊本

千葉VS熊本
0前半0
0後半1
0合計1
11シュート7
9GK16
12CK5
10直接FK12
2間接FK1
2オフサイド1
0PK0
<スタメン>


【得点】

 
【交代】
 

62′指宿 洋史→ホルヘ サリーナス
68′高橋 壱晟→羽生 直剛
80′町田 也真人→船山 貴之

【警告】
90+4′熊谷 アンドリュー⑥

 


<得点ランキング>
清武 功暉⑩
ラリベイ⑧
船山 貴之④ 

指宿 洋史③

高橋 壱晟②
町田 也真人②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑤
北爪 健吾⑤
町田 也真人③
指宿 洋史③
乾 貴哉③
ホルヘ サリーナス③
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑥
清武 功輝③
多々良 敦斗③
近藤 直也③
アランダ③
ラリベイ③
町田 也真人②
船山 貴之②
乾 貴哉②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
佐藤 優也①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①
高橋 壱晟①
佐藤 優也①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 6.5】
 2度ビッグセーブを処理したが、あのバックパスは処理しきれず。本人はコンディション悪くないと思われる。

【37:キムボムヨン:5.0】
やはり前プレをかけてくる相手に対しては心もとない印象。2度ほどビッグピンチを招くパスがあった。ただこれはもう仕方がないかもしれない。

【3:近藤直也: 5.5】
要所要所でさすがの対応だったが、攻撃陣の活性化までには至らず。終盤のオーバーラップも効果はうすかった。

【6:山本真希: 5.0】
久々の出場もややボールの狙われどころに。積極的な縦パスもなかなか効果なしだった。熊本のような相手はミスマッチだったか。

【28:乾貴哉: 4.5】
プレイ自体は悪くなかったので、あの痛恨のバックパスは次に生かしてほしいところ。

【32:高橋壱晟: 5.0】
サイドハーフとしては打開できるプレイヤーではなかった。自ら打開できるプレイを身につけるべく精進してもらいたいところ。

【15:熊谷 アンドリュー:5.5】
守備面での改善は見られるが、効果的なパスを入れるまでには至らず。攻撃面での成長はもっと期待したいところ。

【10:町田也真人:4.5】
無理なスルーパスが多く、今日のような相手は焦らずじっくりとだったと思われるので、前節に引き続きかみ合っていない様子。ちょっと気負い過ぎなのかもしれない。

【8:清武功輝:5.5】
トップ下での起用でFW2人との呼吸が合わず。引かれた中でのスペースがないところだとなかなか清武のよさがいきないことはわかった。

【50:指宿洋史:5.0】
ポストプレイヤーとしての出来がいまいち。やや強引にいこうとしすぎて、ボールロストのシーンがめだった。

【9:ラリベイ: 5.0】
2トップは彼の良さがいきないのかも。指宿との役割もあいまいなことが原因かもしれない。

【21:ホルヘサリーナス: 6.0】
唯一チームを活性化させたものの、時間は限定的。ラリベイにクロスが会う日がはやくきてほしいものだ。

【22:羽生 直剛: 5.0】
サイドハーフだとなかなか羽生の良さがいきない。起用上のミスマッチがあった。

【11:船山貴之:5.0】
船山投入後にパワープレーになり、ほぼ存在感なし。

【エスナイデル監督:4.5】
久々の4連勝に向けた布陣は引いて守り、前プレをかける相手を警戒してか、今季初の4-4-2のダイヤモンド。結論から言うとこのやり方では攻撃は活性化しなかった。途中交代のメンバーもフォーメーションを変えるわけではなく、曖昧な采配が目立った。

<ターニングポイント:アウェイで奇襲した4-4-2ダイヤモンドは不発。4連勝を逃す
①久々の4連勝を狙った布陣は4−4−2のダイヤモンド。5バック2ボランチのサイドを起点としたビルドアップを狙った布陣。
②相手のプレスが継続的に聞いていて、サイドバックのところでボールの狙われどころ。最初はサイドハーフにボールを預けていたものの、そこがボールロスト地点となった。也真人と高橋はそこでうまくビルドアップできず、谷澤のような選手がいないと厳しかったか。
③2トップと清武のところはなかなかボールが入らず、フラストレーションのたまる展開に。サイドバックもロングボールを送るがうまく昨日しなかった。
④途中交代でも効果的なものはでず、攻めて4-3-3にしてインサイドハーフから打開する展開は見てみたかったところ。

 

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

「審判も味方につけるフクアリ劇場で久々の3連勝。だが近藤不在で課題露呈。」〜2017年J2第22節 カマタマーレ讃岐戦レビュー〜

jef_review カマタマーレ讃岐

千葉VS讃岐
1前半1
3後半2
4合計3
11シュート8
5GK8
5CK4
16直接FK12
4間接FK1
3オフサイド1
1PK1
<スタメン>


【得点】

13′ラリベイ⑥
68′清武 功暉⑩
80′ラリベイ⑦
83′ラリベイ⑧

 
【交代】
 

57′船山 貴之→ホルヘ サリーナス
64′羽生 直剛→高橋 壱晟
77′熊谷 アンドリュー→岡野 洵

【警告】
45+3′大久保 裕樹

74′大久保 裕樹
76′高橋 壱晟①
90+3′ラリベイ③
90+4′佐藤 優也①

 


<得点ランキング>
清武 功暉⑩
ラリベイ⑧
船山 貴之④ 

指宿 洋史③

高橋 壱晟②
町田 也真人②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑤
北爪 健吾⑤
町田 也真人③
指宿 洋史③
乾 貴哉③
ホルヘ サリーナス③
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑤
清武 功輝③
多々良 敦斗③
近藤 直也③
アランダ③
ラリベイ③
町田 也真人②
船山 貴之②
乾 貴哉②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
佐藤 優也①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①
高橋 壱晟①
佐藤 優也①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 6.5】
 最後のPKは圧巻だが、馬場のシュートは内側に来てるので確実にストップすべし。2点目も今までだったら飛び出すタイミング。3点目は壁のせいでもあるが、であればしっかりと指示をすべし。すべて防げる失点。

【37:キムボムヨン:5.5】
CBを仕切るのは少々荷が重い気がするが、相手のやり方は結構シンプルだったが厳しい結果。チームで話し合ってほしいところ。

【17:大久保裕樹: 4.5】
かねてから不安視していたラインコントロールの課題が出てしまった。近藤がやっていることを少なくとも踏襲しないと今のDFメンバーだとこれぐらい簡単に失点してしまうだろう。木島とのマッチアップも苦戦しており、そこでの対応からでたレッド。次節以降持ち直してもらいたい。

【4:北爪健吾: 6.0】
サリナスになってからやり易くはなっている。アシストもマークし、チャンスメークのボール供給は徐々に精度が上がっているものの、上位と戦う上でもっともっと精度を上げてもらいたいところ。守備面は相変わらずなので、要修正要素。

【28:乾貴哉: 5.5】
クロスの精度に関しては課題もあるが、どんどんチャレンジして行ってほしいところ。守備面ではマークしているのだが普通に上げられてしまっている回数が多いので、もう少しタイトにやりたいところ。

【22:羽生直剛: 5.5】
今季初先発。そつなくゲームコントロールをしていたところは次第点だが、本人は納得いかなかった模様。コンディションが上がってくれば後半戦必ず大事なピースになるはず。

【15:熊谷 アンドリュー:5.5】
相手のリスタート時の守備は前節同様頑張れていたものの、通常のプレスは前線とうまくあわず結果として真ん中を空けてしまうシーンが見受けられた。ここまでくるとチーム戦術レベルなので、みんなと話して解決したいところ。

【10:町田也真人:5.5】
周囲とあわないシーンが目立つ。特に最後のカウンターシーンはキャプテンマークを巻いている身としてあそこでチャンスを狙う判断は完全に間違っている。あの後 PK献上につながっており、前半も似たようなシーンを作っているので。意識を持ってもらいたいところ。

【8:清武功輝:7.0】
苦しい状況で同点ゴールをゲットし、5試合連続ゴール。確実にチームの中心となっている。そろそろ清武の意見を周りにぶつけていっても良いタイミングなのではないか。

【11:船山貴之:5.5】
存在感は希薄。守備面での貢献も低く途中交代。サリナスの調子が良いので、危機感を持ってほしいところ。

【9:ラリベイ: 8.0】
2つとも疑惑のゴールだが、運を味方に付ける存在になってきているのかも。とはいえ最後のゴールはラリベイらしい勝ち越しゴール。本人のコンディションもよく、暑い夏場でチームをもり立ててほしい。

【21:ホルヘサリーナス: 6.5】
後半でてくるプレイヤーとして素晴らしいパフォーマンス。切れ味のよいドリブルと冷静な判断でチームにアクセントを与え、逆転につながるアシストをマーク。右はやりづらそうではあったが、だんだん慣れてきている。最後担架で運ばれたようだが、twitterで大丈夫だとのこと。この調子で頑張ってもらいたいところ。

【32:高橋壱晟: 5.0】
途中交代だが流れに乗れず、ボランチもあまり機能せず。いろいろさせられるのは本人にとってはいいことだが。。

【26:岡野洵: 5.5】
急遽の途中出場だったが、なかなか波に乗れず。バランスをとれるプレイヤーではないので、致し方なし。

 

【エスナイデル監督:5.5】
怪我の近藤に代わり。準備していた大久保の先発。怪我明けの羽生を起用。交代選手のバランスが悪いなと思っていたが、悪い予感が現実になってしまった。とはいえ、コントロール型のCBが不在なのはチームの大きな課題。補強ポイントは明確なので、ボールが蹴れてラインコントロール可能なクレバー型CBを求む。

<ターニングポイント:審判も味方に付けるフクアリ劇場で久々の3連勝。だが近藤不在で課題露呈。
①好調攻撃陣4-3-3で入るも、すぐ裏に蹴るカマタマーレに対して。前プレがうまくはまらず。
②とはいえ先制ゴール後、こちらのペースで進めていたものの。同点に追いつかれたシーンはボランチがうまくパサーをマークできず、裏に走られているところもラインの駆け引きなくという場面。シュートが跳ね返った後の寄せも甘く、ジェフの今期の典型的な失点シーン。全員に原因があるので話し合いを持った方がいいレベル。
③リスタート後の失点シーンはラインコントロールを完全に放棄した残念なシーン。暑さのせいでもあるが、二度と見たくない。大久保にいたってはだらだらと歩いていたので猛省してほしい。後半プレスをかけないということであればなおさら気をつけたいところ。

④後半サリナスが入ってから攻撃が活性化。右サイドでドリブルとクロスの2択が作れることで相手を押し込むことが出来ることを証明。スーパーサブとして今後も期待したいところ。

 

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

「今季初の連勝。ラリベイ、アンドリューの覚醒でチームは次のステージへ」〜2017年J2第21節大分トリニータ戦レビュー〜

jef_review 大分トリニータ

千葉VS大分
1前半0
3後半1
4合計1
23シュート7
4GK11
7CK5
10直接FK10
7間接FK1
7オフサイド1
0PK0
<スタメン>

--------------
-清武--ラリベイ--船山-
---也真人--高橋---- 
------熊谷------
-乾--キム--近藤-北爪- 
-----  佐藤優  ----- 
--------------
山本海
岡野
大久保
アランダ
羽生
サリナス
古川


【得点】

33′船山 貴之④
48′清武 功暉⑧
65′ラリベイ④
80′ラリベイ⑤

 
【交代】
 

64′熊谷 アンドリュー→アランダ
83′ラリベイ→古川 大悟
86′船山 貴之→ホルヘ サリーナス

【警告】 


<得点ランキング>
清武 功暉⑨
ラリベイ⑤
船山 貴之④ 

指宿 洋史③

高橋 壱晟②
町田 也真人②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑤
北爪 健吾④
町田 也真人③
指宿 洋史③
ホルヘ サリーナス②
乾 貴哉②
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑤
清武 功輝③
多々良 敦斗③
近藤 直也③
アランダ③
ラリベイ②
町田 也真人②
船山 貴之②
乾 貴哉②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
佐藤 優也①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 5.5】
 後半の2度のセーブはよかったが、前半のセットプレイ、後半の失点シーンの飛び出しはいただけない。

【37:キムボムヨン:6.0】
久々のセンターバックで出場。落ち着いたボールさばき、ロングボールの供給など存在感を見せる。

【3:近藤直也: 6.0】
後半の引き気味の守備を初体験。最初はなれずにいたものの、徐々にはまって3得点に貢献。負傷トラブルにも耐えた。

【4:北爪健吾: 5.5】
船山がコンビだとなかなかいい形でボールがもらえない。守備面では後半北爪サイドを狙われて、なかなかうまく対処できなかった。

【28:乾貴哉: 6.5】
後半のクロスは相手のミスにも助けられた。攻撃面ではいいリズムで絡めており、守備面も落ち着いてきた。次のステップに向けてレベルアップしてもらいたいところ。

【32:高橋壱晟: 5.5】
久々の先発。潤滑油役としては役割を発揮したが、惜しいシーンを一つ外してしまった。守備をしっかりやるようには見受けられたが、もっと迫力をつけてもらいたいところ。

【15:熊谷 アンドリュー:7.0】
覚醒の予感。勇人イズムを継承し相手の攻撃のリスタート時に必ず体をはってつぶしていた。攻撃面でもボールをしっかり散らして最低限の仕事。この調子でやってくれればレギュラー定着は間違いない。

【10:町田也真人:6.0】
今期3アシスト目をマーク。気になるのは也真人がシュートを打ったタイミングがカウンターになっているところ。シュートで終わろうとする気持ちはわかるが、もう一工夫欲しいところ。

【8:清武功輝:7.0】
スパイク効果は顕在化。清武のキックをみんながわかってきたところもあるのかもしれないが、ここのところセットプレイがうちにの武器になってきているのは、清武のキックのおかげ。

【11:船山貴之:6.5】
久々のゴールで試合の流れをこっちに。エスナイデルにアピールするシーンはとても船山らしい。これをきっかけにどんどんとってもらいたいところ。

【9:ラリベイ: 7.5】
ポストプレイで無双。セットプレイ&ヘディングでようやく初日。4点目もおちついており、自信が出てきてようやくチームになじめてきたかもしれない。カウンターサッカーはラリベイにあう戦術の予感。

【14:アランダ:6.o】
アンカーアランダ解禁。危ないところの芽をつんでくれる機能は健在。ここまでくるとアランダは必要不可欠な存在。

【34:古川 大悟: 5.5】
天皇杯に続き、J初デビュー。憧れる巻誠一郎的プレイは健在。シュートをバーに当てるプレイも似せようとしている。

【21:ホルヘサリーナス: 5.5】
怪我明けで久々の出場。キレが戻ってきており、惜しいシュートを一つお見舞い。サブの選手として貴重なピースになってもらいたいところ。

【エスナイデル監督:7.0】
スタメンにラリベイ、船山、アンドリュー、ボムヨンが復帰。古川が初ベンチ。初めてエスナイデルが怒らない試合を見た。今季初の連勝にチーム運営に手応えを感じているかもしれない。

<ターニングポイント:今季初の連勝。ラリベイ、アンドリューの覚醒でチームは次のステージへ
①4-3-3のハイラインから入り、前プレがはまる。大分がやりたかったハイプレスを無効化し、こちらのペースに。
②ラリベイのポストプレイが冴えてきており、攻撃面での厚みが出てきている。

③後半はヴェルディ戦で試したリトリート側の守備は半信半疑。相手にサイドを使われて厳しい展開になったものの、カウンターも何度か発動。
④交代のピースとしてアランダ、古川は前プレを発動し直すピースとして有効。サリナスも点を取りに行くピースとして重要。チームの底上げを感じる試合。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村  

« 古い記事