RECENT POSTS

「苦手アウェイで逆転も、ありえないミスで痛恨のドロー」〜2017年J2第29節 モンテディオ山形戦レビュー〜

jef_review モンテディオ山形

千葉VS山形
0前半1
2後半1
2合計2
7シュート9
9GK10
3CK3
19直接FK17
4間接FK4
3オフサイド4
0PK0
<スタメン>

 


【得点】

56′ラリベイ⑪
87′ラリベイ⑫

【交代】 

59′船山 貴之→為田 大貴
70′町田 也真人→指宿 洋史
76′比嘉 祐介→若狭 大志

【警告】
52′町田 也真人④
74′ラリベイ④
78′清武 功暉④

 


<得点ランキング>
ラリベイ⑫
清武 功暉⑪
船山 貴之④
町田 也真人④
指宿 洋史③
高橋 壱晟②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑥
北爪 健吾⑤
乾 貴哉④
町田 也真人④
指宿 洋史③
ホルヘ サリーナス③
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①
近藤 直也①
矢田 旭①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑦
乾 貴哉④

清武 功輝④
町田 也真人④

ラリベイ④
多々良 敦斗③

近藤 直也③
アランダ③
佐藤 優也③
船山 貴之②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①
高橋 壱晟①
若狭 大志①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 3.5】
 ラストは全く出る必要がないシーン。その前の近藤との交錯部分に関しても同様。オサダが入ったことで焦っているのかわからないが、今日の勝ち点2を失ったことを重く見てほしい。

【37:キムボムヨン:6.0】
前線へのロングボールの供給は良くなってきた。久々のサイドバック起用に関してはあまり効果がなかった。

【3:近藤直也: 6.5】
1トップ2シャドーに苦戦しつつもなんとか流れの中からのピンチは作らせず。逆転した時の折り返しはクレバーだった。

【30:溝渕雄志: 6.0】
この試合もしっかりとフィジカルを活かし、相手のピンチを防いだ。

【25:比嘉祐介: 5.0】
久々の出場。悪くはなかったが、相手を圧倒することはできず。特に攻撃面では乾との違いを見せつけることはできなかった。

【18:矢田 旭:6.0】
セットプレイから初アシスト。徐々にいいボールをけれるようになってきている。他との連携に関してはまだ発展途上。

【15:熊谷アンドリュー:6.5】
今節もアンドリューの守備は健在で相手の攻撃を確実に抑えていた。ラリベイとの連携が増えるともっと良くなるはず。

【10:町田也真人:6.0】
ビルドアップ役として最低限の仕事をこなした。が不用意なプレイでイエローをもらう。

【8:清武功輝:5.5】
なかなかいいシーンでボールを貰うことができないのか、得点シーンから遠い。もう少し冷静に処理してもいいのだが、やはり中のほうがフィットするか?

【11:船山貴之:5.0】
ボールロストはちょっと多かった。チャンスメークは本当に迫力があるのだが。。。

【9:ラリベイ: 7.5】
セットプレイでの得点ができるようになってくると、一つ得意な形がでてくる。今節はその片鱗を見ることができた。この調子で量産体制に入ってもらいたいところ。ポストプレイは相変わらず申し分なし。

【13:為田大貴:5.0】
やはり、なかなか相手とあっていない様子。ロスタイムのドリブルは本当に必要なかった。ここらへんの気分プレイが彼の課題か。

【50:指宿洋史: 5.5】
久々の2トップはまあまあ迫力があった。ラリベイがここまで安定していると指宿も良くなってくることは確認できた。

【20:若狭大志: 5.5】
ボムヨンを外に出すチョイスは今後も可能性を感じることができた。最後のスライディングは止めてほしかったが。。。

【エスナイデル監督:6.5】
湘南戦の後ということでやりづらいこともあったかもしれないが、悪くない入りだった。あとは我慢比べのような試合だったが、冷静な判断で交代選手をチョイスしていた。最後に点を取った後、リトリートをしても良かったかもしれないが、、、とはいえ監督の責任にするのはかわいそう。

<ターニングポイント:苦手アウェイで逆転も、ありえないミスで痛恨のドロー
①ハイプレスをしてくる山形に対して、湘南戦と同じようにロングボール、サイドチェンジ主体での応戦。
②1トップ2シャドー&サイドの飛び出しがたくみでラインを押し下げられるシーンはいくつか作られてしまったのは今後の課題か。
③比嘉によって、相手の守備は少しやりやすかったかもしれない。
④セットプレイで左右からボールを供給できるようになってきたのは大きい。近藤、乾あたりも絡んでくると、苦しいときにファールでセットプレイも増えてくるかも。
⑤ラストのGKの飛び出し。ここんところ飛び出ていなかったこともあるかもしれないが、なぜ飛び出したのか、本人に聞いてみたいところ。。。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

「今期最高の試合。方向性は共有でき、次なる課題は決定力」〜2017年J2第28節湘南ベルマーレ戦レビュー〜

jef_review 湘南ベルマーレ

千葉VS湘南
0前半0
0後半1
0合計1
19シュート2
5GK11
6CK2
22直接FK17
2間接FK1
2オフサイド1
0PK0
<スタメン>

 


【得点】

 

【交代】 

68′船山 貴之→為田 大貴
76′ラリベイ→指宿 洋史
85′矢田 旭→若狭 大志

【警告】
13′乾 貴哉⑤

 


<得点ランキング>
清武 功暉⑪
ラリベイ⑩

船山 貴之④
町田 也真人④
指宿 洋史③
高橋 壱晟②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑥
北爪 健吾⑤
乾 貴哉④
町田 也真人④
指宿 洋史③
ホルヘ サリーナス③
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①
近藤 直也①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑦
乾 貴哉④

清武 功輝③
多々良 敦斗③
近藤 直也③
アランダ③
ラリベイ③
佐藤 優也③
町田 也真人②
船山 貴之②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①
高橋 壱晟①
若狭 大志①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 5.5】
 ほぼシュートなし。だからこそFKは出て行ってほしかったところ。

【37:キムボムヨン:6.0】
相手のハイプレスにしっかりと処理をし続けた。ロングボールがラリベイにあう回数も増えてきている。

【3:近藤直也: 6.0】
ジネイを完全に封殺。失点につながるつけパスだけは悔いが残る。とはいえ、戦っていく方向性に自信を持ったことは大きい。

【30:溝渕雄志: 6.0】
フィジカルで相手に闘志でぶつかる意識は好印象。後はクロスの精度。

【28:乾貴哉: 6.0】
一人で抜こうという意識はよかった。守備面でも安定感を発揮。

【18:矢田 旭:5.5】
ビルドアップ面では安定してきているが、アタッキングサードでのコンビネーションはまだまだこれから。後半のシュートは惜しかった。

【15:熊谷アンドリュー:7.0】
守備面では完全にチームの中心となりつつある。攻撃でも効果的なサイドチェンジを連発し、アンカーとして必要不可欠な存在に。

【10:町田也真人:6.0】
ビルドアップ面、最後の仕掛けの面で安定性をもたらしている。しかし、今日はシュートが入らなかった。

【8:清武功輝:6.0】
前半最初のサイドチェンジは目を見張るものがあった。もう少し、中で仕掛けるシーンを増やしたいところ。

【11:船山貴之:5.5】
決めていればヒーローだったが、、、あとはツキをひきよせるための何かをするしかない。

【9:ラリベイ: 6.5】
ロングボールを確実に押さえてビルドアップに大きく貢献。もはやこれがジェフの基本指針になっていってもいいはず。

【13:為田大貴:5.5】
トリッキーなドリブルだったが、ムラもあった。

【50:指宿洋史: 5.0】
パワープレーは不発。足元でボールをもらいたい。

【20:若狭大志: 5.5】
ほぼ見せ場なし。

【エスナイデル監督:6.5】
3戦連続同じスタメン。今年積み上げてきたものはすべてアピールした。だが勝てなかった。まだ足らない部分を改善すれば、上に上がれる準備がようやく整ってきた。という段階かもしれない。何よりも選手がこのサッカーをすすめることに対する自信がついたのは大きい。

<ターニングポイント:今期最高の試合。方向性は共有でき、次なる課題は決定力
①ハイプレスの湘南に対して、シンプルにロングボールでラリベイを狙う戦い方。ラリベイのポストプレイが機能し、試合の主導権を握る。
②湘南もこちらのハイプレスを警戒してか、ロングボール主体の攻撃。ジネイとのマッチアップを近藤が完全に封じる。
③相手のカウンターリスタートはアンドリューが完全に封じる。湘南は攻めてがなくなる。
④序盤はサイドチェンジで湘南の裏を完全に取ることができ、そこでの決定機を決めていれば、、、
⑤後半ムルジャが出てくるまでになんとかできていれば。。。。パワープレーは湘南が試合巧者でなす術はなかった。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

「ベタ引きの山口に後半アクセントを付けて攻略。最後はまたもフクアリエンタテインメント!」〜2017年J2第27節 レノファ山口戦レビュー〜

jef_review レノファ山口

千葉VS山口
0前半0
2後半1
2合計1
18シュート5
5GK14
10CK1
11直接FK11
6間接FK2
6オフサイド2
0PK1
<スタメン>

 


【得点】

57′町田 也真人④
90+3′清武 功暉⑪

【交代】 

72′船山 貴之→為田 大貴
72′ラリベイ→指宿 洋史
89′矢田 旭→若狭 大志

【警告】

 


<得点ランキング>
清武 功暉⑪
ラリベイ⑩
船山 貴之④
町田 也真人④
指宿 洋史③
高橋 壱晟②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑥
北爪 健吾⑤
乾 貴哉④
町田 也真人④
指宿 洋史③
ホルヘ サリーナス③
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①
近藤 直也①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑦
清武 功輝③
多々良 敦斗③
近藤 直也③
アランダ③
ラリベイ③
乾 貴哉③
佐藤 優也③
町田 也真人②
船山 貴之②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①
高橋 壱晟①
若狭 大志①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 5.5】
 PK以外危ないシーンはなく、佐藤自身の見せ場はなかった。山口のGKのキックの精度が高かったので、ああいうキックを身につけてもらいたいところ。

【37:キムボムヨン:6.0】
しつこく裏に蹴ってくるロングボールに対して冷静に対処。こねて危ないシーンを招くことも減ったのは成長の証。

【3:近藤直也: 7.0】
PK献上もラスト前に入ってアシストをマーク。清武のゴールを決めたときのガッツポーズが印象的。キャプテンが勝利に貢献するとチームは勢いを増してくる。

【30:溝渕雄志: 6.5】
荒削りは荒削り。ただ気持ちは伝わってくる。前半裏を取られたシーンも走力でカバー。裏に蹴ってくるボールをしっかり対処できるようになってきた。あとは船山とのコンビネーション向上。いくつかいい形でアタッキングサードに入ってきているので、周りとのコンビネーションを磨いてほしいところ。

【28:乾貴哉: 6.0】
前半相手がサイドにふたをした影響で持ち味を発揮することが出来ず。後半の也真人の得点のようなランニングを増やしたいところ。

【18:矢田 旭:6.0】
まだ周りとあっていないが、本人の特徴は出るようになってきた。也真人とは違うリズムなので、攻撃面での活性化に期待。守備面ではしっかりとさぼらずに走っているのは好印象。正確なサイドチェンジも一つの武器。

【15:熊谷アンドリュー:6.0】
勇人的守備は完全に会得し、あとは攻撃面で効果的なパスを供給できるか。次のステップはそこにある。

【10:町田也真人:6.5】
冷静にボールをゴールにパスして今期4ゴール目。欲を言えばもう少しとれるシーンがあった。後半のPK献上は也真人の独りよがりのプレイから。そこはチーム全体をもう少し考えてほしいところ。也真人は既に中心のプレイヤー。本人の存在をアピールする必要はもうないはず。

【8:清武功輝:7.0】
ラリベイの折り返しを決めていればもう少し楽な展開になったはずだが、ロスタイムのために神様がとっておいたのかもしれない。とはいえエースがゴールを取ってもらえると、チームは盛り上がる。これをきっかけに再び量産化を目指してほしい。

【11:船山貴之:5.0】
最後のフィニッシュまではいいんです。だけどチャンスが決められない。ループもしかり、前半最後の倒れるシーンもしかり。おはらいにいかないともう運がまわってこないのではないか。

【9:ラリベイ: 6.0】
ベタ引きの守備をされているにもかかわらず、しっかりとポストプレイの仕事はこなした。いくつかチャンスメークもしており、ポストプレイヤーとしての仕事は全う。湘南戦のために温存的交代か。

【13:為田大貴:6.0】
やや孤立ぎみなプレイが多いのが気になるが、最後の得点に絡むクロス。他のシーンは単発的なシュート、ロングボールの供給の仕方は雑な印象。もう少し連携面での改善が必要。

【50:指宿洋史: 6.0】
久々の出場で持ち味は発揮。最後近藤に偶発的に送ったヘッドは神がかっている。

【20:若狭大志: 5.5】
ほぼ見せ場なしだが、監督から信頼を取り戻している印象。

【エスナイデル監督:6.5】
徳島戦と同じスタメン。ベンチは出場停止あけの勇人が高橋に変わってベンチ入り。なかなか難しい試合になることを予想していたみたいだが、そこは想定通りだったのかもしれない。最後失点してからの交代が若狭で近藤を上げる采配が的中。監督としても運を引き寄せられるようになってきた。いや、これはフクアリだから起きていることなのかもしれないが。。

<ターニングポイント:ベタ引きの山口に後半アクセントを付けて攻略。最後はまたもフクアリエンタテインメント!
①前半は山口のダブルボランチ、サイドが両サイドバックとインサイドハーフにきっちりつかれ、かなり守備的に入られて硬直。山口がシンプルに裏を蹴るアプローチで前プレも出来ない展開。
②後半、インサイドハーフをラリベイのサポートに入る意識と、シンプルに裏に蹴って裏に抜けるアプローチを取り、徐々に疲れてきた山口の守備を揺さぶりだした結果、清武の決定機、船山のループ、そして也真人のゴールまで結びついた。
③後半指宿為田を投入していい攻撃が出来ていたが、ラストのカウンターでイエロー累積組が沢山いたことでイエロー覚悟の守備が出来ず、PKを献上。
④最後のパワープレーは最初ちぐはぐだったが、徐々に為田のクロスがあってきて、清武のゴールに結びついた。
⑤少しずつジェフの重たい課題だった、讃岐戦に続きロスタイムに追いつかれた後、勝ち越すという経験をつくれてきている。流れは来ている。湘南戦に向けて準備は万端だ。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

「アウェイで待望の4勝目をマーク。夏場の前プレがチームを勝利に導く」〜2017年J2第26節 徳島ヴォルティス戦レビュー〜

jef_review 徳島ヴォルティス

千葉VS徳島
1前半0
0後半1
1合計0
9シュート6
11GK12
4CK3
14直接FK17
7間接FK3
7オフサイド3
0PK0
<スタメン>

 


【得点】

45+3′ラリベイ⑩

【交代】 

58′大野 哲煥→為田 大貴
67′矢田 旭→アランダ
73′船山 貴之→若狭 大志

【警告】
16′熊谷 アンドリュー⑦
81′佐藤 優也③
90+3′若狭 大志①

 


<得点ランキング>
清武 功暉⑩
ラリベイ⑩
船山 貴之④ 

指宿 洋史③
町田 也真人③
高橋 壱晟②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑥
北爪 健吾⑤
乾 貴哉④
町田 也真人④
指宿 洋史③
ホルヘ サリーナス③
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑦
清武 功輝③
多々良 敦斗③
近藤 直也③
アランダ③
ラリベイ③
乾 貴哉③
佐藤 優也③
町田 也真人②
船山 貴之②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①
高橋 壱晟①
若狭 大志①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 6.0】
 序盤フィールディングであわてたところはあったが、後半ファインセーブを一つ見せてクリーンシートに貢献。手堅い試合運びをアウェイで表現できたのは収穫。

【37:キムボムヨン:6.0】
暑い試合でもめげずに走り続けた。後半消耗戦になったときは頼もしい限り。

【3:近藤直也: 6.0】
リトリートをしてからの珠際の強さを見せてチームを牽引。足がつるまで消耗した上で勝利を掴めたのは次のステップに進める証。

【30:溝渕雄志: 7.0】
愛媛戦の反省を生かして、縦横無尽の走力を魅せつけた。リスキーなスライディングもしっかりとはまり、溝渕の良さを世の中に知らしめた。5バックになってからの方が本人はやりやすいのか、ラストゴール前でシュートを打ち、存在感をアピール。レギュラー定着に向けて頑張ってほしいもの。

【28:乾貴哉: 5.5】
攻められている時間帯が多かったので、なかなか乾らしい攻め上がりは見せられず。とはいえ左サイドを突破されたシーンは一度だけで、最低限の仕事はできていた。

【18:矢田 旭:6.0】
しっかりと前からのプレスをしきったところは合格点。この暑い夏にもかからわず、徳島のビルドアップをずたずたにした。攻撃面ではもう少しアグレッシブなところが出てくると頼もしい。

【15:熊谷アンドリュー:6.5】
すでに心臓部としての役割は発揮できている。徳島の攻撃を遅らせるファーストディフェンス。リトリート後のおちついたボールさばきはチームに安定感をもらたすボランチとして機能している。イエローの数が気になるが、このままつっぱしってもらいたい。

【10:町田也真人:6.5】
アシストは見事だったが、それ以上に貢献したのはプレス。途中疲れが見えたが要所要所で再びプレスをかけ、全体の守備を安定させた。毎回コレぐらいやってくれると10番として認めたくなるものだが。。

【8:清武功輝:6.0】
前節スタメンからはずれたこともあってか、しっかりと前から守備をしたり、ボールを奪ってからもしっかりとビルドアッパーとしての役割を発揮。足がつって途中交代となってしまったが、レギュラー争い激化で更なる進化を見せてもらいたい。

【11:船山貴之:6.5】
徳島の3バックのサイドをうまく使って、存在感はかなりあった。得点シーンも船山の守備が起点。本人が決めていれば文句なしだったが、泥臭い仕事はずっと続けてもらいたいところ。

【9:ラリベイ: 7.0】
バシリエビッチのマッチアップに完全勝利し、ポストプレイは健在。得点シーンも難しい体制からよくぞ決めてくれた。その後の守備も献身的で、いよいよエースとしての存在感が出てきたのは頼もしい限り。

【13:為田大貴:6.0】
途中出場で献身的なディフェンスを披露。何度か惜しいカウンターがあったものの、そこではうまくボールが回ってこず。ただ、インサイドハーフ、サイド両方で守備要因としてのメドは十分にたった。

【14:アランダ: 6.5】
クローザーとして満を持しての登場。相手の攻撃の気持ちを削ぐポジショニング、ディフェンスで徳島のリズムを狂わせた。カウンター時も冷静にボールを散らしてくれており、夏場には欠かせない存在になって行くだろう。

【20:若狭大志: 5.0】
久々の5バック要因として登場。リトリートという状態では、身長もあり役に立つかもしれないが、イエローのシーンのようなところは未だ未解決ゾーン。奮起を期待する。

【エスナイデル監督:7.0】
アンドリュー、清武の復帰、矢田の先発。この試合は、チーム全体に勝とうという気持ちがとても伝わってくる試合だったが、これはずっとエスナイデルが仕込んできた熾烈なレギュラー争いを意識するスタメンチョイスがここにきて結実したといえる。クロージングの5バックもうまくはまっており、苦手アウェイを上位に対して少し克服出来た試合となった。

<ターニングポイント:アウェイで待望の4勝目をマーク。夏場の前プレがチームを勝利に導く
①徳島の3-5-2の両サイドを清武、船山が機能。後ろからもシンプルにロングボールを入れてリスクマネジメントが出来ていた。
②ラリベイのポストプレイがはまるとこういう試合が出来る。也真人、矢田とのコンビネーションが進めば、新しい攻撃パターンを期待出来る。
③溝渕は2試合目にして、本人のポテンシャルを十分にアピール出来た。荒削りだが、夏場に欠かせないプレイヤーになる可能性大。
④後半リトリート気味な入り方はうまくはまった。為田、アランダによる守備メンテナンスも好感触。勝てていればこの形でカウンターも狙える。
⑤最後5バックでクロージングすることが出来て、チームとしても自信のパターンがひとつ出来た。とにかく収穫の多い一戦。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

« 古い記事