4月2015

「也真人スイッチと手堅い選手交代で悪い流れを断ち切る」~2015年J2第10節 ロアッソ熊本戦レビュー~

jef_review news ロアッソ熊本

千葉VS熊本
2前半0
2後半0
4合計0
13シュート6
8GK7
8CK6
13直接FK6
1間接FK1
1オフサイド1
1PK0
<スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーー ネイツ  ーーーーー
ー谷澤ーーー町田ーーー佑昌ー
ーーー健太郎 ーパウロ  ーーー
ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー
ーーーーーー高木ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

岡本
田代
北爪
伊藤
井出
オナイウ
能登


【得点】
5′ネイツ ペチュニク⑤
15′キム ヒョヌン②
70′パウリーニョ②
81′キム ヒョヌン③

【交代】
59′町田 也真人→田代 真一
73′谷澤 達也→北爪 健吾
80′金井 貢史→伊藤 槙人

【警告】
65′中村 太亮①

 


<得点ランキング>
ネイツ ペチュニク⑤
井出 遥也③
キムヒョヌン③
金井 貢史②
パウリーニョ②
森本 貴幸①
オナイウ阿道①
<アシストランキング>
ネイツ ペチュニク③
田中 佑昌③
谷澤 達也②
中村 太亮②

キム ヒョヌン①
パウリーニョ①
<警告ランキング>
谷澤 達也③
高木 駿②
キムヒョヌン②

金井 貢史①
井出 遥也①
ネイツ ペチュニク①
パウリーニョ①
佐藤 健太郎①
中村太亮①

<超個人的選評>

【21:高木駿: 6.0】
後半流れが均衡していたタイミングでしっかりと枠内シュートを掻きだし、悪い流れを断ち切る。空中戦もしっかりと前に出て行ってパンチング、キャッチと相手の狙いを読んで未然に防いでいた。

【2:大岩一貴: 5.5】
序盤は点を取れていい流れで来ていたが、課題となるのは前半の途中から3点目を取るまでの嫌な流れになったときにもう少しラインコントロールをしていく必要があった。相手の攻撃的な布陣に対して、どのようにマーキングするかその指示ができるようになっていけばもっと楽な展開だった。最終的には関塚さんの采配でふたをしているので、もっと自主的に流れを作れるようになりたい。

【20:キムヒョヌン: 7.0】
愛媛、磐田といい形でセットプレイに絡めていたが点につながっていないのでようやく結果が出た。4点目に残り気味にいたことは遠慮がちなキムが一皮むけた印象。ネイツにも喜び方を指南してもらう必要はなくなった。守備面は大岩同様ラインコントロールとディフェンスでのビルドアップが引き続き課題。日本語は一歩成長。

【17:中村太亮: 6.5】
相手が格下ということもあり、思い通りにオーバーラップすることができていた。健太郎とのコンビネーションはパウロや勇人よりもよいかもしれない。守備面は巻が入ってからが課題で、太亮ぐらいはビルドアップに絡んでほしかった。

【13:金井貢史: 6.0】
片山をしっかり無効化したことは勝因に値する。攻撃面でも町田が入ったときの方がシンプルにボールが出てくるためオーバーラップがスムーズだったように見える。5バックになってからもセンターバック的役割もこなし、ポリバレントさを垣間見る試合となった。

【16:佐藤健太郎: 6.0】
相手のプレスがほとんどなかったこともあり、自由にボールの供給ができるようにはなっていた。まだ積極的に前に出ていく回数は少ないのだが、クレバーな選手なので無駄走りはしないポリシーなのだろう。むしろ2列目に入ったときの方が前からのプレス、回りへのボールの供給がスムーズだった。

【5:パウリーニョ: 7.5】
今日は前線がネイツということもあり、守備面ではしっかりとパウリーニョでボールを取ることができ、いい形でリアタックができたことにより先制PKをゲット。途中の苦しい時間帯でも攻撃の芽を摘み、らしさを見せた。さらに試合を決める3点目はゴラッソ。回りもどういったミドルだとパウリーニョが打ちやすいのかがわかっているのかもしれない。

【8:谷澤達也: 5.5】
今日は西村主審とマニアックなファール取れるか合戦を繰り広げており、中々リズムに乗れなかった。途中からクリアに終始する展開になってしまい、いい形でボールが収まらず中々谷澤らしさを見せることはできず。後半守備的になるタイミングで連戦の影響もあり交代。

【6:田中佑昌: 6.5】
井出&森本より、ネイツ&町田の方がより佑昌らしさを発揮できた。町田のシンプルなダイレクトパスを受けて縦に速い攻撃の中心になれる。後半もいい場面で駆け上がり4点目のアシストをマーク。これで3アシスト目。レギュラー争いに食い込むべくアピール。

【14:町田也真人: 6.5】
試合前コメントで町田らしさを発揮するとコメントしていたとおり、専修時代に見せていたダイレクトパスをなんどもお見舞い。リンクマンとして機能しているだけでなく、ボールを持たずにシンプルにはたくプレイヤーとして十二分に能力を発揮。4分の先制までに何度も流れるようなパスワークの起点となっていた。本人がゲットしたPKのシーンのようにペナルティエリアに入っていく動きも聞いており、おしかったのはネイツに出したスルーパス。5分5分にも関わらずスルーパスを出すメンタリティはこのチームにかけていたピースだった。今後も途中出場で出たとしてもチームに新しいアクセントを作れる存在。攻撃の幅が広がる予感。

【11:ネイツペチュニク: 5.5】
もともとはワントップ経験が乏しいこともあり、ロングボールの入る位置はかなりファジーなまま。とはいえ最低限の仕事はしていた。森本と異なり守備面も若干ゆるくなるシーンもあり、前半の停滞を招く要因には正直なっていた。ただ町田との相性も悪くなく、決定力アップさえしてもらえればまだまだ高みを目指せるプレイヤーだ。

【3:田代真一:5.5】
今季初出場にもかかわらず、運動量を上げてサイド、2列目に顔を出し再びリズムを作りなおした。闘志あふれるプレイを見せてちょっと変わったのかなぁと思わせるシーンも。チャンス構築まではいかなかったが、ポリバレントプレイヤーとして今後も期待。

【4:北爪健吾:6.0】
途中ミッドフィルダーとして出場し、ハードワークで前からの守備を再稼働させた。サイドバック以外で使われることはあまりイメージしていなかったが、あの運動量と走力、そして勝気なメンタリティは後半クロージングする上での深井的役割になりえるかもしれない。

【33:伊藤槙人:5.5】
5バック移行という難しい役回りにもかかわらず、そつなくこなした。セットプレイにも絡み、アピールになったのではないか。冷静沈着なスタイルで今後も出場機会を狙う。

【関塚監督: 7.0】
 調子の上がらない熊本に対して、しっかりと前からプレスをかけリズムを作っていった。開始から何度となくチャンスを作るハブとなった町田を積極登用し、さっそく結果を出す。その後も熊本の苦手なセットプレイを何度も獲得していき、追加点。ここまではよどみのない思い通りの展開だった。しかし、相手が巻を投入してから劣勢になる。相手がつなぐことをあきらめ、ロングボール主体にしてから、クリア一辺倒になってしまったところは今後の課題だろう。恐らく相手が3トップ気味になったときにキム、大岩以外のメンバーが3人にどうやってついていくかというところがファジーになっている印象を受けた。さらにラインがずるずると下がってしまいプレスが前から聞きづらくなったことも要因だと思われるので、ここは今後も想定されるシーンだと思うので改善してもらいたいところ。

 後半守備がはまらなくなってくることを見かねて、関塚監督が動く。町田→田代を投入し、健太郎を前に出す布陣に、セカンドプレスがこれで機能するようになり再びリズムを取り戻した。町田も攻撃面では貢献度が高かったものの守備面はまだまだ周りとの連携があわなかったこともあり、そこを見抜いての交代。関塚監督のひきだしの多さにはいつも脱帽する。その後リズムを取り戻したジェフは待望の3点目をゲット。

 その後は相手の4トップに対して北爪、伊藤を入れて5バックで手堅く対応。チームの流れを考えるとしっかりシャットアウトがちにしたかったと思うので、ここらへんもいい采配だった。さらに北爪を前で使ったり、伊藤をサイドバックに入れてみたりと複数ポジションを経験させた形で勝利。これでシャットアウトは6試合目。守備的布陣で追加点を取れる願ったりかなったりな展開で見事に悪い流れを断ち切った。

 町田、田代、北爪、伊藤と新戦力をしっかり試して勝ちきれたのは大きい。さらに悪い時間帯で失点する流れをしっかり断ち切れたのも成長のあかし。C大阪戦のような流れにならないように踏ん張れたのは相手の問題もあれど、チームには自信になっていくだろう。特に町田のダイレクトプレイはチームに新しいスイッチをもたらす予感。井出にはたらない積極性を町田がふきこんでくれれば攻撃のバリエーションは増えていくだろう。

 中3日で試合はすぐに来る。讃岐戦までで4連勝できれば再び自動昇格圏に入っていけるだろう。ひとつひとつ難しい試合は続くと思うが、今のスタイルを維持しつつ、いろいろなカラーを出す試合になってくれれば毎試合毎試合楽しみな展開だ。今のチームはそういった要素を感じられる。GWにいろいろな色のジェフを見てみたい。

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

「ターンオーバーはあるのか。ガス欠対策として控え選手が奮起の時」 ~2015年J2第10節 ロアッソ熊本戦プレビュー~

jef_preview ロアッソ熊本

<コンセプトはぶらさず、ウノゼロゲームで勝ちきる意識を>


<熊本の成績:1勝3分5敗 得点5 失点13 得失点-8>

1 水戸  0-0  
2 群馬  2-2 嶋田x2
3 愛媛  1-0 養父
4 福岡  0-1  
5 徳島  2-2 平繁,齊藤
6 大宮  0-2  
7 横浜FC  0-1  
8 岡山  0-3  
9 金沢  0-2  

熊本は小野体制2年目。堅守速攻を掲げてた昔からイメージは一新し、しっかりとつないで崩すサッカーを標榜している。フォーメーションも4-1-2-3と攻撃的なスタイルであり、パスCBPも下位チームの中では上位につけており、小野監督の意思が伝わってくる。ただ、パスサッカーが完全に機能しているわけでなく、流れの中で得点をとれたのは2得点のみで、あとは守備の連係ミスなど突発的なものが多く、発展途上であると言わざるをえなさそうだ。さらに現状4試合連続無得点で、得点力不足が顕著であり、早く点を取って停滞ムードを一新したいという思いがありそうだ。

攻撃パターンは後ろでパスをつなぎながら要所要所で攻撃のスイッチとして縦パスを入れて後ろが上がってくる。サイドバックがオーバーラップしてくる回数も多く、片山は特にその中心人物となっている。守備の基本パターンは攻撃的な守備を基本線としつつ、サイドで攻撃のスイッチが入ると思うのでしっかりと追い込みたい。また、齋藤がポストプレイの起点となっているので、そこでしっかりとボールを跳ね返し自分のボールにしていくことが大事になりそうだ。

とスカウティングしたものの、基本的には相手の戦い方がパスサッカーを遂行している以上、その戦い方に則してプレスを敢行し続けるのみだ。なるべく高い位置で以下にボールを奪い、カウンターでしっかりと先制点を取って試合を優位に進めることができればしっかり試合に勝つことはできる。その際に大事なのはまずは失点をせず、1点を守りきるぐらいの気持ちで臨んでもらいたいものだ。

<熊本予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ー齋藤ーーー平繁ーーー嶋田ー
ーーー養父ーーーー上村ーーー
ーーーーーー園田ーーーーーー
ー片山ー野田- クォンハンジン -園田-
ーーーーーー金井ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<ターンオーバーはあるのか。ガス欠対策として控え選手が奮起の時>


磐田戦では、ややオーバーペースで行ったところもあり、最後の10分はガス欠気味で自分たちの思うサッカーはできなくなった。かねてから暑くなってからこのサッカーが90分持つのかという指摘はあったが、この前の試合はその不安が的中する試合運びとなってしまった。さらに突然暑くなったこともあり、体も暑いところで戦う環境に慣れてなかったことも手伝った模様。さらにしばらくこの暑い陽気が続きそうなタイミングで連戦が続くため、交代の選手も含めた総力戦となっていくだろう。明日の熊本の天気は雨が降りそうなのが不幸中の幸いだが、控え選手の奮起に期待したいところだ。

注目したい選手はまだベールを脱いでない選手。その筆頭にいるのが町田也真人。昨年は関塚監督が就任してからレギュラーをキープし、前線からの守備にしっかりと貢献しつつ、リンクマンとして機能していた。現在は井出がその役割を演じているが、井出は自らがパスアンドゴーでゴール前に入っていくタイプに対して、町田は非凡なパスセンスも持っており、前線にいい縦パスを供給できる数少ない選手だ。比較的リスクの高いパスを積極的にするうえでも、ニュー関塚体制でどのような化学反応をするのかみてみたいところではある。選手コメントもあり、次の試合でチャンスが回ってくる予感もある。オナイウやネイツとのコンビネーション、そしてちびっこコンビの井出とのコンビネーションも見てみたいところだ。

もう一人の注目選手は佐藤祥。勇人の怪我によって、健太郎に次ぐボランチの候補が田代のポリバレント器用なのかと思ったが佐藤祥がベンチ入り。天皇杯ではサイドバックをやっていたが、トレーニングマッチではボランチも経験しており、個人的にはパウロのボランチに対して、バランスを取りながら積極的に縦パスを供給する佐藤祥のボランチはみてみたいところだ。森本がトップの場合は正直ポストプレイヤーではないのでサイドが攻撃の主体となるのだが、オナイウが入ってある程度収まるとなると、縦にくさびを入れる攻撃のスイッチを入れる選手が増えると攻撃のバリエーションが増えていくと感じていた。兵働というわけにはいかないが、天皇杯でもボールを受けてから判断素早く縦パスを入れる姿は個人的にすごく物おじしないタイプだなと思って見ていたのだが、関塚体制になって佐藤祥がどういったプレイを見せるのか。みてみたいところではある。

最後は鈴木隆行。もはや説明の必要はないが、オナイウと違った形でポストプレイヤーとして昨日し、最後の空中戦でインザーギばりの独特のポジショニングは最後にどうしても点がほしい時にというプレイヤーである。磐田戦ではほとんどボールが来なかったこともあり、ベールはほぼ脱がずに終わったが、余裕のある展開になったときには単なるパワープレー出ないときに見てみたいものだ。

控え選手の妄想をしているときりがないのだが、まずはぶれずに今のスタイルで戦い続けることが先決だが、連敗ということで何か新しいスパイスを期待したいところでもある。そういった視点で熊本戦を支援したい。

<予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーオナイウーーーーー
ー谷澤ーー ネイツ ーー井出ー
ーーー健太郎ー  パウロ ーーー
ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー
ーーーーーー高木ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

岡本
田代
Jr
佑昌
町田
水野
鈴木

 

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

「代表実績のある選手の経験の差が勝負を決める試合に」~2015年J2第9節 ジュビロ磐田戦レビュー~

jef_review ジュビロ磐田

千葉VS磐田
0前半1
0後半1
0合計2
16シュート8
10GK10
9CK3
21直接FK10
2間接FK4
2オフサイド3
0PK0

【交代】
74′井出 遥也→水野 晃樹
87′佐藤 健太郎→鈴木 隆行

【警告】
35′パウリーニョ①
48′キム ヒョヌン②
76′佐藤 健太郎①

 


<得点ランキング>
ネイツ ペチュニク④
井出 遥也③
金井 貢史②

森本 貴幸①
パウリーニョ①
オナイウ阿道①
キムヒョヌン①
<アシストランキング>
ネイツ ペチュニク③
谷澤 達也②
田中佑昌②
中村 太亮①

キム ヒョヌン①
<警告ランキング>
谷澤達也③
高木駿②
キムヒョヌン②

金井貢史①
井出遥也①
ネイツペチュニク①
パウリーニョ①
佐藤健太郎①

<スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーオナイウーーーーー
ー谷澤ーー  ネイツ ーー井出ー
ーーーパウロ ー健太郎  ーーー
ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー
ーーーーーー高木ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

岡本
田代
Jr
佑昌
町田
水野
鈴木


<超個人的選評>

【21:高木駿: 5.0】
2点ともノーチャンス。ただ本人は2点ともポジショニングやこのタイミングにああしておけばと思えるような場所にボールが行っているので、あれを止められるようになると一皮むけていくはず。

【2:大岩一貴: 5.0】
ジェイのシュートは正直大岩の実力不足ではあるが、フォルランに続き世界で戦うにはあそこでシュートを打たせない守り方を身につけていってほしいところ。ラインコントロールは後半の途中までしっかりできていたが、みんなの体力がなくなってきてからは少し難しくなった。難しいところだが、キムとの交流を深めているのであればあのタイミングで積極的にキムを前に上げさせるなど、いろいろと柔軟な対応の仕方を考える必要があるが、そこはディフェンスリーダーとしてこれからも成長していってもらいたいところ。

【20:キムヒョヌン: 5.5】
J2で初めて競り合いに勝てない相手との対峙だったが、後半途中からしっかりと空中戦だけは勝つという形に徹底し、ジェイを交代に追い込んだ。セットプレイは徐々に良くなっているものの、強くヘディングする入り方はまなんでいってもらいたいところだ。カミンスキーのセーブもあったが、もう少し厳しいところにヘディングしていってくれればと思うところも正直ある。まだまだ伸びしろはあるので頑張ってもらいたいところだ。

【17:中村太亮: 5.5】
今日は谷澤とのコンビネーションで、いい形でクロスを量産していたが受け手とうまく合わなかった。ペチュニクは10m以内の俊敏性にかけるところがあるので、ペチュニクの好きなボールはラーニングしていかなければならない。CKも何度も入りそうなクロスを上げていただけに本人のコメント通り悔しかっただろう。最後ガス欠してしまったところで、ロングボール供給役にてっすればよいのだが、体力切れだとロングボールを正確にけれなくなるってのもなんとなく感じるので、難しいところだ。

【13:金井貢史: 5.5】
何度となくオーバーラップをし、難しい守備の場面でふたをするというところでは良くやっていたが、健太郎とのコンビネーションが悪く松浦に突破を許した場面は改善ポイントか。金井も良く走るのだが、最後ガス欠になっていたのは磐田戦なので仕方がないところはあるが、個人的にはよくやっていたとおもう。課題はふわっとクロスをあげることはできるが、鋭いクロスはまだまだなので、修正ポイントだろう。

【16:佐藤健太郎: 5.0】
パウリーニョががんがん前に出ていく代わりに小林にふたをする役割は本人の得意分野なのだろう。ただ、勇人との大きな違いは攻撃面。勇人が数的優位を作って攻撃面でのサポートをしてくれる代わりに(大宮戦の1点目はまさにそう)、健太郎はそういったプレイがないので、途中から磐田が守備に慣れたタイミングでの迫力がかけたのは健太郎というプレイスタイルがそうさせるのであろう。バランスをチームにもたらすプレイヤーとしては貴重な存在だがこの試合のような点を取りに行くタイミングではどうしても難しいプレイヤーになってしまう。

【5:パウリーニョ: 5.5】
守備面では小林や松浦を標的にどんどんボールカットをしかけ、ショートカウンターの起点に慣れていたのはさすが。ただそのときに点が取れなかったのが試合の分かれ目だった。後半は体力が落ちてきたところもあり、なかなかいいリズムを作れなかったので、交代枠も含めたギアチェンジをどのようにしていくのかはチームにつきつけられた課題だろう。

【8:谷澤達也: 5.5】
今日はキレキレの谷澤だった。いい形で中に入ってボランチの両脇でボールを受けるプレイは磐田サイドに効いていた。その後のサイドチェンジやスルーパスの選択など、オナイウの使い方も含めて機能していた。ラストのフィニッシュの精度は相変わらずだが、チームの中心人物であることは変わりないことを印象付けた。最後はガス欠だったので交代しても良かった気はするが。。

【26:井出遥也: 5.5】
谷澤同様いい形でボールを受けて攻撃のアクセントにはなっていた。今日の試合でダイレクトパスからの崩しはぜひともトライしてもらいたいところではあるが、やはりボールを一度持ってしまうところは改善してもらいたいポイントだ。前を向いた時点でシュートをもう少し増やしてもらえると、マークも引き付けてもらえるので、攻撃のバリエーションをどんどん増やしていってもらいたい。

【11:ネイツペチュニク: 5.0】
サイドに追い込まれるとこねくり回してしまうのは本人の特徴なので目をつぶらなければならないのかもしれないが、もう少しネイツの好きなプレイを回りも含めて連携しなくてはならない。トップにいるときはいい形でポストプレイをしてくれるのだが、サイドに流れてもらったときはスピードダウンしてしまうので、連携を深めてもらいたいところだ。また、ネイツが決めてほしいところでことごとく外れていたので、ネイツの決定力向上は今後のチームのできを左右する。今後も頑張ってもらいたいところ。

【19:オナイウ阿道: 5.5】
この大一番でチャンスが回ってくるあたり、持っている男だなぁと思うところ。本人の特徴である強い体を生かしたポストプレイ、前を向いてからドリブルで仕掛けられるスピード、物おじしない競り合いは十分に堪能することができた。ただ試合に勝つという側面においては、まだまだプレイの判断スピードが足らない部分はあり、積極的にシュートを打つチャンスを作れなかったところを見ると、オフザボールでボールを呼び込む動きは伸びていってほしいところではある。まだ19歳。非凡なポテンシャルだが、オナイウがはいって、くさびをいれるプレイにスイッチすることができる存在ではないかと感じる試合だった。

【29:水野晃樹:5.0】
途中交代で奮起してもらいたいところではあったが、やはり使われるタイプ。井出が前と後ろのリンクマンになれているのに対して、水野はそうではなかった。谷澤のガス欠も手伝ったのだが、チームに新たな活気を加えることはできなかった。今日のような試合で活躍してもらいたいところではあるが、落ち着いてプレイできるようになってもらいたいところ。

【32:鈴木隆行:- 】
今季初出場だが試合時間が短く評価外。もう少し長い時間で見たかったが。

【関塚監督: 5.0】
 勇人、森本怪我により、オナイウと健太郎が今季初スタメン。序盤は千葉の狙い通りのサッカーができていたが、一瞬のすきをつかれてジェイに点を取られてからだんだんとリズムが悪くなる。もともとパウリーニョを経過して、ロングボール主体の磐田だったが、さらにその傾向は強まり、いい場面でボールが取れなくなってきてから試合は停滞。後半も少ないが決定的なチャンスを作っていたので、そこで決めることができなかったのがすべてと言っていいだろう。愛媛戦である程度ジェフ対策が見えてきてしまっているのだが、それでもいいリズムで点を取れていればこちらのペースになるので、基本コンセプトは続けていってもらいたいところだ。

 気になるのはシュート精度の部分。柴崎のようなベルベットシュートを打てとは言わないが、軽く流し込むシュートを打つ選手が中々いないのが現状の台所事情。控え選手を中々出さない関塚監督に対して一部なぜという声が上がっているが、水野を入れたところで井出がいなくなって劣化していることを考えると中々難しいところなのだろう。リードしていればいいのだが劣勢になったときに戦い方も含めてどうするのかというは長期的テーマと言えるだろう。オナイウがある程度ポストプレイができるので、攻撃陣のシフトチェンジの可能性があるが森本が戻ってこないと中々難しいのかもしれない。まだお披露目のない也真人はリンクマンとして守備面も含めて期待できるところではあるが、まだまだ見えてこないところでもある。急に暑くなってきている中、GW中の連戦での選手のマネジメントも含めたチームの戦いである程度見えてくるところだろう。

 試合自体はすばらしいものだった。ジェイVSキムの戦いや名波監督がジェイを下げて5バックにシフトして勝負に徹した采配。オナイウの荒削りだが可能性と限界を伊野波や駒野に対して示したこと。最後は駒野が試合後者で体力を温存させながら要所要所で見せつけられ、松井が素晴らしいタイミングで本人のスキルを体現したシュートをお見舞いされたシーン。セレッソ戦に続き面白い試合ではあったが、その時に実績、ネームバリューに値するプレイを見せつけられた。その部分で劣る若い我がチームがチーム力で成長する姿が出ていってもらいたいところだ。まだまだ若いチームということを忘れてはいけない。チームが昨年のキムのように成長する選手をどれだけだせるか。今年の自動昇格枠を確保するのは、関塚さんが引いた戦術をベースに個の成長が感じられるかにかかっている。ぜひとも継続していってもらいたい。

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

「守備を起点としたサイド攻撃が磐田の真骨頂。闘争型守備を発動し、松井のところでボールを取りたい」〜2015年J2第9節 ジュビロ磐田戦プレビュー〜

jef_preview ジュビロ磐田

<守備を起点としたサイド攻撃が磐田の真骨頂。闘争型守備を発動し、松井のところでボールを取りたい>


<磐田の成績:6勝1分1敗 得点16 失点6 得失点10>

1 北九州  3-1 ジェイx2,アダイウトン
2 京都  2-0 藤田,アダイウトン
3 讃岐  0-1  
4 大分  2-1 宮崎,小林
5 栃木  3-0 中村,アダイウトンx2
6 横浜FC  3-2 小林x2,松浦
7 岡山  1-1 アダイウトン
8 東京V  2-0 アダイウトン,ジェイ

磐田は昨年途中で名波監督が就任したもの、すでにバランスを崩したチームを立て直すことができず、プレーオフ敗退の憂き目にあったが、今年は名波色が強いサッカーを展開している、前田、山崎、金園といった去年の攻撃のメインプレイヤーを放出し、新加入でジェイ、アダイウトンを獲得し、ボランチに上田、サイドに太田を獲得。攻撃面での再構築が心配されたが、新外国人は大当たりしている。アダイウトンは4ゴール、ジェイは3ゴールと結果を残しており、特にアダイウトンはドリブルCBPランキング総合トップで、チームの攻撃の中心と言っていい。他にも昨年より頭角を表している小林がフリーキックなどで3得点。破壊力のあるチームに仕上がってきている。

ただ、磐田のチームカラーは攻撃そのものというよりも、守備を起点としたもの。磐田の選手も守備をしっかりやることを公言しており、名波監督の今年やりたいことの正体は、前からしっかりプレスをかけていい位置でボールをうばい、攻守の切り替えをすばやくしてゴールに早く向かう。言って見ればジェフが目指しているものと近い。今日の見所はお互いの守備をどれだけかいくぐれて攻撃に迫れるかというところにある。

唯一我々に取ってチャンスなのはアダイウトンが不在といったところ。本当はアダイウトンとパウリーニョの直接対決を見てみたかったところではあるが、代わりに入ることが濃厚な松井はジェフが積み上げてきた守備包囲網の格好の餌食になってくれそうな予感。最も警戒すべき小林のパスコースをしっかりと封鎖し、松井のところでボールを奪えるかどうか。ここがターニングポイントの一つになるだろう。

磐田の得点パターンはサイドからのクロスが中心。ジェイ、小林でビルドアップの起点を作り、駒野、櫻内のクロスから得点というパターンが多い。もちろんアダイウトンが強力ということもあるが、先日の愛媛戦で集中力が切れて失点してしまった教訓を糧に、サイドバックも含めたサイドでの守備も見所だ。

<磐田予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーー  ジェイーーーーー
ー太田ーーー小林ーーー松井ー
ーーーー上田ーー宮崎ーーーー
ー駒野ー藤田ー伊野波ー櫻内ー
ーーーーカミンスキーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<磐田の失点パターンはセットプレイとDFのGKのビルドアップ連携ミス。前から攻撃的守備を敢行せよ>


一方磐田の失点パターンは、セットプレイとDFとGKの連携ミスからの失点が多い。カズに取られた失点はもともとはDFのパス交換の連携ミスだったり、大介が絡んだ岡山戦の失点もカミンスキーのボールの処理ミスから発生している。守備側のビルドアップには難があるのでしっかりとついていきたい。

あとは、愛媛戦時に露呈した攻撃面でのほころび。相手が前からしっかり守備をしてきそうなので、パスの連携ミスは命取りになる可能性がある。縦に素早い攻撃イメージを持ちつつ、ビルドアップ時のパス精度はもう少し意識していきたいところだ。勇人が怪我をして健太郎先発が予想されている。健太郎はパス回しという面では、積極的でないものの、森本とのホットラインを去年は構築していた。恐れず森本が求める縦パスを出していき、今までと異なるチームカラーを出していけるようにしてもらいたい。

今日は絶好のサッカー観戦日和。フクアリを黄色に染めて、再び首位を狙える試合にしていきたい。

<予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー森本ーーーーーー
ー谷澤ーー ネイツ ーー井出ー
ーーー健太郎ー  パウロ ーーー
ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー
ーーーーーー高木ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

岡本
田代
北爪
佑昌
水野
オナイウ
鈴木

 

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

« 古い記事