6月2015

「強みと弱みが共存するチーム状態を露呈」〜2015年J2第18節 アビスパ福岡戦レビュー〜

jef_review アビスパ福岡

千葉VS福岡
2前半1
0後半1
2合計2
4シュート16
13GK8
6CK2
10直接FK18
2間接FK2
2オフサイド2
0PK0
<スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーー森本ーーーーーー

ー井出ーーー町田ーーー水野ー

ーーー健太郎ーーパウローーー

ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー

ーーーーーー岡本ーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

高木
栗山
田代
佑昌
谷澤
オナイウ
鈴木


【得点】
7′森本 貴幸②
11′水野 晃樹①

【交代】

74′水野 晃樹→谷澤 達也
80′森本 貴幸→オナイウ 阿道
85′佐藤 健太郎→田代 真一 

【警告】

67′大岩 一貴②


<得点ランキング>
ネイツ ペチュニク⑦
井出 遥也④
キムヒョヌン③
金井 貢史③
ウリーニョ②
森本 貴幸②
オナイウ阿道①
中村 太亮①
田中 佑昌①
大岩 一貴①
水野 晃樹①
<アシストランキング>
中村 太亮④
ネイツ ペチュニク③
田中 佑昌③
谷澤 達也②
キム ヒョヌン①
パウリーニョ①
佐藤健太郎①
オナイウ阿道①
町田也真人①
<警告ランキング>
パウリーニョ⑤
谷澤 達也④

ネイツ ペチュニク④

中村 太亮③
キムヒョヌン③

高木 駿②
佐藤 健太郎②
井出 遥也②
金井 貢史②
大岩 一貴②

田中 佑昌①
田代 真一①

 


<超個人的選評>

【1:岡本昌広: 5.5】
前節に引き続き持ち前のファインセーブを披露したが、2失点という結果なのでこの評価。1点目、2点目ともにノーチャンスとは言いがたいのでもう一本止めて勝利に貢献してもらいたかった。フィールディングのミスもあり、そこは高木を超えてもらいたい。

【2:大岩一貴: 4.0】
中原に勝つことが出来ず、体力的な消耗もあったのかもしれないが、判断ミスから大ピンチを招くシーンもあり、CBとしては落第点。2点目も完全に中原に競り負けており、C大阪戦に続く課題の残る展開だった。特に相手にシンプルに蹴られたときには、相手FWのこぼれ玉を2列目が狙ってくるのはわかっているはずなので、ボランチとの連携も含めてどのように対応していくか、課題山積である。

【20:キムヒョヌン: 4.0】
福岡の勢いを強める結果となるパスミスは致命的だった。1失点目のきっかけはキムのなんてことはないダイレクトパスミスから金森に奪われたシーンで、対して急いでダイレクトでパスする必要もなかった。おそらく練習時に、ノートラップで早く縦に運ぶ意識を植え付けられているのかもしれないが、福岡の攻勢が強くなったタイミングでのリスクマネジメント意識の欠如が勝ち点2を失う原因になっている。また、そもそも中原にヘディングで勝てていないこともキムのプレイの質が落ちた原因とも考えられる。ヘディングで勝てない相手が出てくることは今後もあると思うのでその際にチーム全体でどのように守るかを決めないと、相手はほおりこめば勝てるというモードになるのをなんとかしたい。

【17:中村太亮: 5.5】
個人戦術的な面ではミスはなかったが、周りとの連携面においては、オーバーラップ後のセンタリングにおいてなりを潜めた。前線でビルドアップ出来る選手が少ないこともあり、谷澤、ネイツがいないとビルドアップの時間を作れないことを再度露呈した。井出とのコンビネーションもいまいちということも影響している。谷澤投入がもう少し早ければということもあるが、谷澤の怪我の状態もあると思うので、仕方がないところもある。

【13:金井貢史: 5.0】
守勢に回ることが多く、対面の金森のドリブルにかなり手を焼いていた。失点シーンもいつもならもう少しタイトにいく選手のはずだが、守備に回る時間が多かった関係て体力ぎれを起こしていたようなイメージも。本人のコメントでも言っていたが、もう少しつないで体力面でのコントロールを出来るシーンが多かったことは、体力面での消耗も影響しているのだろうなという印象だった。

【16:佐藤健太郎: 4.0】
1失点目で金森に簡単にかわされ個人戦術面、攻撃でのチーム戦術、守備でのチーム戦術、そして体力面とほぼすべての場面において健太郎の厳しい場面を見る試合となった。相手の前線、ボランチの守備の対応の早さから、健太郎にボールが入るシーンが徐々に減っていった。相手の空中戦の強さを考えると、前半の最初の方でしかみられなかった、也真人や井出の足元に対してしっかりとパスコースを作ろうとする意識を作っていかないといけないのだが、そこも徐々に体力面からサポートの回数が減っていったことによって、ビルドアップできないチームモードになっていった。攻撃面でもおそらく縦に早い攻撃をコンセプトに今週はやってきたはずだが、特に後半のカウンターで素直に右に展開すれば良かったものをボールをキープして相手に簡単にブロックを作られてしまったシーンは、チームとしてもおいおいという結果につながっていたのではと推察される。さらにいうと相手のロングボールに対して守勢に回っているにもかかわらず、ただスペースを埋めているだけで、中原が落としたところでしっかり2列目にアタックにいかないといいようにやられてしまう展開、最終的には体力切れで田代と交代というなんとも残念な試合だった。特に最後のところ、全体のバランスをとるのが健太郎の特徴ではあるが、パウリーニョが前からいってチームのリズムをキャプテンとして立て直そうという意識があるなか、そこで消したコースから限定してサイドでボールを取りきるプレスができないと、序盤勇人がやっていたことなので、そことの比較をどうしてもしてしまうのはファン心理である。すべてをやれとは言わないが、攻めて守備面だけでも改善していかないと、勇人が復帰した際に間違いなくレギュラー落ちになるだろう。

【5:パウリーニョ: 5.0】
水野の得点につながるクロスは素晴らしいものだったし、序盤でしっかりとボールをとれていたときは開幕当初のジェフを彷彿とさせる素晴らしい出来だった。だが、相手のロングボールで全体が間延びしてきてからは徐々にパウリーニョのプレスが無効化していった。そのときの処方箋を持ち合わせていないことが現在のチームの課題といえるだろう。ただどの失点も自分たちのミスからということと、相手の勢いがかったときにシンプルに蹴る以外にいなす方法をもちあわせていなかったというところは明確になっているので、その部分を改善していけば次のステップに進めることがわかった試合でもあった。熱い闘志でチームのメンタルコントロールをしていってもらいたいものだ。

【29:水野晃樹:5.5】
縦に早い攻撃、思い切ったシュートを選択するといったところでは十二分に機能し、復帰後初ゴールをフクアリで披露。責任感の強い彼からするとようやくこの場所に戻って来れたと感じるゴールだったと思うので、このゴールをきっかけにもっともっとエンジンがかかってもらいたいところ。ネイツと谷澤がもどってきたときに使いどころが難しくなるのだが、途中交代でも十分に存在感は発揮できそうだ。ジェフ愛をいかんなく発揮し、メンタルの弱い若手達を引っ張っていってもらいたい。

【26:井出遥也: 5.0】
久々のフル出場ではあったが、途中からロングボール主体となったときになかなかいい仕事ができなかったのは残念なところ。也真人とのコンビネーションを期待して最後まで出ていたが、相手の守備の出足の速さにその部分も消されてなかなか難しい展開ではあった。こういう試合になったときに井出がどういったパフォーマンスで存在感を発揮するか、引き出しを増やしてもらいたいところだ。

【14:町田也真人:6.0】
森本を生かすための生命線といっても過言ではない。もともと去年から森本と組んで最も相性がいい相手ではあった。森本がもっとも求めているファジーで裏を抜けるダイレクトパスはチーム内でも也真人しかできない芸風。それが1点目のアシストにつながった。守備面でも汗を書いて走り、相手をロングボールを蹴らせる展開に追い込んだところまではよかったが、そのロングボールが相手のストロングポイントになってしまい苦しい展開に。間延びした後ロングボールでけり返すしかなくなった際に、也真人がどういう存在感を発揮できるか。ネイツが戻ってくれば衛星的存在になるのだとは思うが、今日のような展開ではボランチとのコミュニケーションをもっと活発にしてもらいたかった。

【11:森本貴幸:6.5】
ようやくケチャップが出た。也真人とのコンビでようやく流れの中から取った先制点。待ちに待った得点だ。その後もロングボールに対してがんばって競ってはいたものの、なかなかリズムを作ることはできなかった。ネイツ、谷澤が戻ってきたときに、ようやく森本らしいシュートをお見舞いすることができるのかもしれない。

【8:谷澤達也: 5.5】
惜しむらくは、同点になる前に入ってきてほしかった。前線での起点がなくなっている中でビルドアップ役としての交代だったが、同点になってからの交代だったので難しい役割を担うことになってしまった。ただボールを受けたときに周りがあがる時間をつくることはできていたし、太亮とのコンビネーション活性化のためにはやはり谷澤だなと思うプレイもあった。今日の審判はなかなかファールを取ってくれない人だったので谷澤らしい落ち着かせ方はいまひとつだったが。

【19:オナイウ阿道: -】
がんばってはいるものの、空中戦でも勝てず、守備面もがんばりがみえないのであれば、鈴木のほうが期待が出来た、、とは思わせてはいけない。

【3:田代真一: -】
しっかりとチームに新しい息吹を吹き込もうと前線から積極的にいってくれて、いい場面でボールを奪うシーンは作れていた。

【関塚監督: 5.0】

 徐々に良くなってきて入る、のだが、前線でビルドアップできなくなったとき、相手にロングボールを蹴られてうまく跳ね返せず間延びしたときにどのようにチーム全体をコントロールするか、その部分の課題が露呈した試合だった。さらに相手の運動量も相まって、ディフェンスでのビルドアップも無効化されたことによって、何も出来ない状態になったのはある意味チーム全体で変えなきゃいけないという意識になっただろう。

 個人的にはその部分は采配でいくつか解決できたのではという気持ちもあるのだが、関塚監督は育成モードでもあるのでなかなか難しいところではある。健太郎が体力が消耗し、特に攻撃面のサポートが出来なくなった時点で、出足の良い田代を早めに入れる、空中戦が厳しいにもかかわらずロングボールでクリアすることでしかしのげなくなっているのに、唯一空中戦で競っている森本を退けてしまった部分など、森本は怪我の影響もあるかもしれないが、ちょっとはてなに感じる試合でもあった。

 前線でのビルドアップ面に関しては、ネイツ・谷澤が戻ってくるところでいくぶんか解決が出来るとは思うが、也真人を生かすことを考えると、やはり序盤のスターティングメンバーの4人の組み合わせが、攻撃・守備両面でのバランスがいいんだなということが18節が終わった時点でわかる試合だった。井出→也真人での組み合わせで少しはビルドアップ部分がよくなっていくだろう。

 問題はロングボールを入れられたときにいかに間延びをせずにゲームをコントロールできるかについては難しい課題となっていくだろう。今日のようにシンプルにロングボールを入れてくる場合は、もう少しサイドハーフがボールを自由にいれないようにチェックすべきなのだが、あれだけ守勢に回ると体力面での消耗が目立ってしまいチェックが甘くなる。それでも縦に早い攻撃を掲げる今シーズンは攻撃面でも体力を要求される。そういう悪循環に回った試合だったということだ。

 パウリーニョが今年の守備面でのストロングポイントである以上、この人材を生かした戦い方をすべきなのだが、もう少しクレバーな選手がそろっているのであれば、2点取った時点で、落ち着いてボールを回し、限りある体力を使う場面のメリハリをつけるということも出来るのかもしれない。が、2点取った後も、イケイケで攻撃をしつづけている感じはいただけないなぁと思っていたら、キムのイケイケ攻撃モードからのダイレクトパスミスで一点返されるという流れになってしまった。

 関塚監督も責任を感じているとコメントしているので、それぐらいはきづいているとは思うが、若手が中心となっているこのチームにはやはりベテランのエッセンスが必要なのかもしれない。トレーニングゲームで勇人が元気な姿を見せたようだが、ミスタージェフと言っても過言ではない彼の復帰がチームのゲームコントロールを行うラストピースになってもらいたいものだ。

 普段は8月頃に来る停滞モード。ただそれが今年は早く来ているとも言える。チームとして相手を圧倒できる武器もあり、それによって生まれるリスクが共存するチームとなっている。ただ、その対処法が8月までに見つかれば、一つ上のステージで後半戦の上位対決に望めるということを信じて、残り試合を戦っていきたい。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

「攻撃のテーマは縦に早い攻撃。ボールを奪った後、少ないタッチ数で裏を素早く奪いたい」〜2015年J2第18節 アビスパ福岡戦プレビュー〜

jef_preview アビスパ福岡

<3-4-2-1で堅実に戦う福岡。いかにセットプレイの数を相手に与えずに戦うか>

<福岡の成績:4位 9勝3分5敗 得点21(7位) 失点18(9位) 得失点2>
1 京都  1-3 中原貴
2 愛媛  1-2 中原貴
3 札幌  1-2 坂田
4 熊本  1-0 濱田
5 横浜FC  2-2 酒井,中原貴
6 水戸  1-0 鈴木
7 大分  2-1 末吉,城後
8 北九州  1-0 中原貴
9 岐阜  2-2 城後,中原貴
10 磐田  1-0 酒井
11 C大阪  1-0 酒井
12 群馬  4-1 鈴木,中原貴,城後,阿部
13 栃木  0-0  
14 岡山  1-0 濱田
15 讃岐  1-3 鈴木
16 大宮  0-2  
17 徳島  1-0 濱田

福岡は井原体制に代わり、最初は4-1-2-3とやや攻撃的な布陣を引いていたが複数失点で3連敗と最悪のスタートだったが、その後現状の3-4-2-1に変更し、基本5バックでがっちりと守備を固めて、隙を見てカウンター、そして強力なセットプレイで確実に点を取り手堅く勝ちを拾っていく現実的なサッカーにシフトしてから11戦負けなしと好調をキープ。中には磐田やC大阪も含まれており、J2仕様の戦い方で現在4位につけている。

Mr.福岡と言えば城後だが、今年はボランチにいる鈴木と末吉がゲームをコントロールし、ボールを奪ったらカウンターを狙い、仙台から加入した中原にまずは預けて、2列目の金森と城後がひろって時間を作り、その後オーバーラップしてくるサイドの阿部、亀川に預けてクロスが基本パターン。前線の守備のところは前節に引き続きしっかりとボランチをケアし、サイドに入ったタイミングで早めにボールを奪うことが出来れば、こちらのねらうカウンターの回数が増えてくるはずだ。

セットプレイはCKからもあるし、末吉、鈴木の両ボランチの直接FKもある。前節の札幌戦であった不用意なファールは福岡を勢いづけさせる可能性がある。戦い方は前節の札幌に近く、ボランチのところで自由にボールを出させないマネジメントがまずは大事になってくるだろう。

<福岡予想スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー中原ーーーーーー
ーーーー金森ーー城後ーーーー
ー阿部ー鈴木ーー末吉ー亀川ー
ーーー堤ーー濱田ー  イ ーーー
ーーーーーー神山ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<攻撃のテーマは縦に早い攻撃。ボールを奪った後、少ないタッチ数で裏を素早く奪いたい>

福岡の失点パターンはセットプレイ以外が少なく、非常に堅い守備を誇っている。讃岐戦は相手に引かれた関係でカウンターを食らう形だったがそういった流れにはなっていかないだろう。その際に参考になるのは大宮戦の2失点。ロスタイムで集中力が切れ易い場面ではあるが、非常に高い位置でボールを奪われ、縦に早く攻撃をすることでゴールを奪われている。他の試合でも流れの中で点を取られたパターンは福岡DFが帰陣する前に裏をしっかりとっていたり、早いタイミングでシュートを打ってゴールを奪ったりと、縦に早い攻撃での失点が目立つ。この部分はジェフがもともと目指していたパターンのはずだ。練習でもそのような取り組みをしているようなので、少ないタッチ数でダイレクトプレイを増やしていければ、チャンスは自ずと増えていくはずだ。

また、福岡は後半の失点が非常に多い。守備の場面で耐えきれずに上記のようなシーンが生まれているので、前節に引き続き焦らずじれずに堅い守備を崩していけるようにしていきたい。

5試合ぶりの勝利にむけて、ミーティングで分かち合ったお互いのコンセンサスを糧に久々の勝ち点3を目指してもらいたい。

<予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーオナイウーーーーー
ー佑昌ーーー町田ーーー水野ー
ーーー健太郎ーーパウローーー
ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー
ーーーーーー岡本ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
高木
田代
北爪
佐藤祥
井出
森本
鈴木

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

style=”display:inline-block;width:300px;height:250px” data-ad-client=”ca-pub-5089253422644111″ data-ad-slot=”9422003899″>

「也真人が入り、安定した守備を取り戻す」〜2015年J2第17節コンサドーレ札幌戦レビュー〜

jef_review コンサドーレ札幌

千葉VS札幌
0前半1
1後半0
1合計1
13シュート8
4GK12
8CK1
17直接FK13
1間接FK1
1オフサイド1
0PK0
<スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーー ネイツ ーーーーー

ー井出ーーー町田ーーー水野ー

ーーー健太郎ーーパウローーー

ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー

ーーーーーー岡本ーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

高木
栗山
北爪
佐藤祥
佑昌
オナイウ
鈴木


【得点】
90′ネイツ ペチュニク

【交代】

69′水野 晃樹→オナイウ 阿道
76′井出 遥也→田中 佑昌
85′佐藤 健太郎→鈴木 隆行

 

【警告】

59′金井 貢史
61′ネイツ ペチュニク
88′パウリーニョ

 

 


<得点ランキング>
ネイツ ペチュニク⑦
井出 遥也④
キムヒョヌン③
金井 貢史③
ウリーニョ②
森本 貴幸①
オナイウ阿道①
中村 太亮①
田中 佑昌①
大岩 一貴①
<アシストランキング>
中村 太亮④
ネイツ ペチュニク③
田中 佑昌③
谷澤 達也②
キム ヒョヌン①
パウリーニョ①
佐藤健太郎①
オナイウ阿道①
<警告ランキング>
パウリーニョ⑤
谷澤 達也④
ネイツ ペチュニク④

中村 太亮③
キムヒョヌン③

高木 駿②
佐藤 健太郎②
井出 遥也②
金井 貢史②
田中 佑昌①
大岩 一貴①
田代 真一①

 


<超個人的選評>

【1:岡本昌広: 5.5】
久々の先発で安定した守備を披露。危ないシーンで的確に触ってピンチを何度も防いだ。高木と違ってボールを取った後のリスタートを早くしようとしていたのはそういう意識をチームに伝えていたきもした。ただFKのシーンは相手のキックがよかったものの、ニアに抜かれているのではじいてもらいたかった。

【2:大岩一貴: 5.0】
前回キムヒョヌンに都倉が抑えられていたことを受けてか、都倉は大岩サイドに流れて競ることが多かった。そこでに競り合いに余り勝てておらず、ボールの処理の仕方が悪くて前を向かれてしまっているシーンも散見された。いいFWと対峙すると後手後手に回ってしまう所はチーム全体で解決しなければならない。CB大岩としてスキルアップが求められるフェーズに来ている。

【20:キムヒョヌン: 5.5】
都倉との対決は無難にこなし、カウンター以外のピンチはほとんどなかったため、今日は次第点。特筆すべきは攻撃時に縦パスを積極的に入れて積極性が見られた。序盤にはやっていた縦へ早く攻める意識が再びよみがえったのはプラス要素。

【17:中村太亮: 6.5】
通常の流れでは相手がしっかり引いていたこともありなかなかいい形でのクロスは上げる回数は少なかったが、セットプレイでは正確なボールを何度となく供給しチャンスを作っていた。ラストの同点ゴールもアクセントを付けたボールで見事アシストをゲット。頼れるプレスキッカーはもっとアシストが欲しいはずだ。

【13:金井貢史: 5.5】
前が水野になり、積極的にオーバーラップする回数は多かった。水野がおとりに使う回数は多かったものの、あれぐらいシンプルで早い判断で周りがやってもらった方が金井もやり易そうに見えた。個人的にはしばらく水野と金井のコンビで見てみたいものだ。

【16:佐藤健太郎: 5.0】
求めるものは積極性。いろいろなところに顔を出すことは出来てきているものの、他の選手と異なり、縦パスを入れる回数は少ない。それでも勇人のようにフリーランニングをする回数が増えているのは好感触、ただそれでもシュートを打てるシーンはあった。シュートを打たなければゴールはできない。

【5:パウリーニョ: 6.0】
やはり、この人がいないと始まらない。要所要所でしっかりとボールを奪いカウンターを作っていた。失点する前の序盤はパウリーニョがやりたいことができていたと思う。最近熱くなりすぎてイエローをもらい過ぎなのが気になるが、これぐらいのキャプテンシーで、魂に火がついていない選手を鼓舞してもらいたい。

【29:水野晃樹:6.0】
ようやく、水野らしくなってきた。いい場面で顔を出してボールを受け、時間を稼ぐことも出来るし、フリーにすれば良質のクロスが入ってくる。谷澤がいないということもあり、谷澤的ビルドアップ&チャンスメーク役はしばらくスタメンで見てみたい出来だった。そろそろ結果に絡んでほしいがそのときは近い気がしている。

【26:井出遥也: 5.0】
もっと早くチェンジしても良かったと思うぐらい存在感は希薄。也真人が守備を頑張っている分もう少し攻撃面での積極性や顔を出す意識は高めてもらいたいところだが。今日のような試合でチャンスメークが出来ないのは物足りない。

【14:町田也真人:6.0】
今のチームに必要なピースは也真人だった。前からのプレスにもいければ、ボランチのケアをしてしっかりと縦のラインを切り、久々に守備がうまくはまった。今年の関塚さんのやりたい守備を実現させるために必要なIQを持っている数少ないプレイヤーかもしれない。攻撃面でもリンクマン的役割を全うし、ボール回しがスムーズになっただけでなく、味方の縦パスの意識も引き出す存在。森本と也真人のコンビネーションも見てみたいものだ。後半のチャンスを決めていればしばらくレギュラーは確定だろう。

【11:ネイツペチュニク:6.5】
3連敗目前でチームを救った。トップとしての役割はややものたりないものの、厳しい台所事情で頑張ってくれている。何よりも気持ちが見えてくるのがすがすがしい。本当は序盤からやっていたサイドから中に入ってくる方がやり易いのかもしれないが、しばらくこの形で踏ん張ってもらいたい。イングランド戦に弾みをつけるゴールをゲットし、代表の試合で新しい風を持ち帰ってきてもらいたい。

【19:オナイウ阿道: 5.5】
途中からトップに入り、ポストプレイはまずまずの出来だった。あれだけスピーディに回してくれると相手もがっついて来ないので苦手な展開にはならない。判断が稚拙な部分はあったが、同点の足がかりとなる流れは作った。

【6:田中佑昌: 5.5】
縦に早い攻撃になれば、佑昌の良さは生きてくる。ボールに絡むシーンは比較的少なかったが、フリーランニングは相手に聞いていた。

【32:鈴木隆行: -】
パワープレーをする上ではもう少し早く見てみたかった。足がそこまで早くないのでスピーディな攻撃にはなじまないが、空中戦では存在感を披露。

【関塚監督: 5.5】

 青空ミーティング、選手のみのミーティングの成果は少しは出ていたかもしれない。パウリーニョが復帰し、加えて高木➡岡本、佑昌➡水野の布陣となった。最も今日の試合光ったのは也真人。昨年からトップ下をやっていたこともあり、守備面での整理はある程度出来ていた。これによって相手がボールを後ろからビルドアップできなくなり、稲本を途中交代に追いやった。ここは序盤ジェフがやっていた戦い方に近く、守備から入るという部分を再徹底することは出来ていたと思う。

 加えて攻撃面でも也真人が中央でボールをもらうべく顔を出し、後ろから積極的に縦パスを出す回数は増えていた。もちろん失敗もしていたが、パスを出すタイミングとしては悪くないシーンが多かった。これを繰り返してくれれば相手はいやがってラインを下げるし、他の選択肢が増えてくると思う。ネイツがポストプレイが苦手な部分は仕方がない部分もあるが、少し期待値を高めて試合を見れるようにはなっていた。

 FKで失点してしまったものの、ようやく今年のジェフらしい戦い方が戻ってきたことは安心材料。勇人、谷澤がいないことで攻撃面の物足りなさは解消されていないが、代わりに入った水野がこの試合ぐらいのパフォーマンスでやってくれれば左右でバランスよく攻撃を組み立てられるようになってくる。森本が戻ってきて、水野のボールの受け方を身につけてくれれば、得点のチャンスは広がってくるのではと期待する試合だった。

あくまで我々はチャレンジャーという意識を持ち続け、今日のような試合を続けてくれれば必ず一段階レベルアップするチームになるはずだ。僕たちはそれをじっくり止まって、安定した守備、そして長い時間をかけて攻撃に磨きがかかっていくことを信じて今年はやっていくしかない。前半戦も残り5試合。前半を折り返したところで、大宮、磐田との勝ち点差をキープするぐらいの心持ちで、じっくりと見守ろう。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

「堅守でバランスのとれている札幌。特徴のある選手をつぶす現実的なサッカーを取り戻したい」〜2015年J2第17節コンサドーレ札幌戦プレビュー〜

jef_preview コンサドーレ札幌

<堅守でバランスのとれている札幌。特徴のある選手をつぶす現実的なサッカーを取り戻したい>

<札幌の成績:6位 7勝6分3敗 得点20(7位) 失点13(4位) 得失点7>
1 栃木  2-1 ナザリトx2
2 長崎  0-1  
3 福岡  2-1 都倉,福森
4 大宮  1-1 ナザリト
5 京都  1-2 ナザリト
6 東京V  1-1 ナザリト
7 讃岐  0-0  
8 水戸  1-0 都倉
9 岡山  1-0 宮澤
10 金沢  1-1 内村
11 磐田  3-0 都倉x2,内村
12 愛媛  0-0  
13 熊本  2-3 都倉x2
14 群馬  2-0 都倉,荒野
15 徳島  2-1 荒野,都倉
16 C大阪  1-1 前寛

札幌は。昨年度よりバルバリッチ監督が指揮を執り、愛媛時代からやっている3-4-2-1で堅守速攻のバランスのとれたチーム構成となっている。守備時は5バック気味でしっかりとブロックを作り、攻撃時はディフェンスでしっかりと回して、前線の都倉、内村が裏を常に狙う動きをしている。攻撃のスイッチは福森のロングボールと、宮澤&稲本の縦パスなので、そこを前線からしっかりと守備でケアして自由にボールを出させないようにさせたい。またヘディングの強い都倉に対してキムがしっかりと跳ね返し、サイドに流れてボールをもらう内村もケアしたいところだ。

得点パターンはロングボールからの得点が多い。ヘディングだけでなく走力でスペースを見つける都倉がほとんどの得点パターンに絡んでいるため自由にさせないようにしたい。前回対戦時はロングボール一辺倒だったが、グラウンダーのパスも織り交ぜてくる。また稲本のサイドチェンジもあるので、両サイドの「前」コンビが上がってきたときに、ジェフの両サイドがどのようにしっかりとついてこれるかどうかも守備面でのポイントとなるだろう。

ここのところ個人戦術の部分で突破されている。パウリーニョが戻ってくるこのタイミングで一度初心に帰り、まずは守備を固めて堅守速攻を意識するチームということを見せつけてほしい。岡本が久々の先発説もでてきている。交代して入ってくる選手は是非ともアピールしてもらいたい。

<札幌予想スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー都倉ーーーーーー
ーーー内村ーーーー古田ーーー
ー前寛ー宮澤ーー稲本ー前貴ー
ーーー福森ー河合ー櫛引ーーー
ーーーーーークソンユン ーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<堅い守備が特徴の札幌。チャンスが少ないことを念頭に置き、クロスとセットプレイでしとめたい>

札幌は現在13失点とリーグ4位につけており、選手達も自信をつけてきているはず。ジェフはそう簡単に相手の守備を破れないということを念頭におきながら、じっくりと戦ってほしい。北九州、群馬と攻撃面でかみあわないところでストレスがたまったところで失点する流れになっているが、多少攻撃面でうまく言っていないという錯覚が影響しているではないかと思う。

開幕当初からそもそも攻撃面の歯車はそんなにあっていなかったが、リスクマネジメント重視のサッカーをしていたはず。少ないチャンスでしっかり得点をとり、逃げ切る現実的なサッカーをしてきたはずなので、森本の代わりのメンバーたちも含めてあせらずじっくりとやってもらいたいものだ。特に今日のような守備が堅いチームはそういうメンタリティが必要だ。

札幌の失点パターンはセットプレイとサイドからのクロス。そもそもジェフの得意な得点パターンだ。ただそういった機会を作ることができるシーンは少ない可能性が高いため、太亮やスタメンが噂される水野あたりのクロスが火をふくことを期待したい。

一度チャレンジャー的な順位に下げている。一つ一つしっかり戦って、自動昇格争いにもう一度名乗りを上げられるように、初心に戻って戦ってもらいたい。

<予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーオナイウーーーーー
ー井出ーー  ネイツ ーー水野ー
ーーー健太郎ーーパウローーー
ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー
ーーーーーー岡本ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

高木
田代
北爪
佐藤祥
佑昌
町田
鈴木

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

style=”display:inline-block;width:300px;height:250px” data-ad-client=”ca-pub-5089253422644111″ data-ad-slot=”9422003899″>

« 古い記事 新しい記事 »