「也真人スイッチと手堅い選手交代で悪い流れを断ち切る」~2015年J2第10節 ロアッソ熊本戦レビュー~

jef_review news ロアッソ熊本


千葉VS熊本
2前半0
2後半0
4合計0
13シュート6
8GK7
8CK6
13直接FK6
1間接FK1
1オフサイド1
1PK0
<スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーー ネイツ  ーーーーー
ー谷澤ーーー町田ーーー佑昌ー
ーーー健太郎 ーパウロ  ーーー
ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー
ーーーーーー高木ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

岡本
田代
北爪
伊藤
井出
オナイウ
能登


【得点】
5′ネイツ ペチュニク⑤
15′キム ヒョヌン②
70′パウリーニョ②
81′キム ヒョヌン③

【交代】
59′町田 也真人→田代 真一
73′谷澤 達也→北爪 健吾
80′金井 貢史→伊藤 槙人

【警告】
65′中村 太亮①

 


<得点ランキング>
ネイツ ペチュニク⑤
井出 遥也③
キムヒョヌン③
金井 貢史②
パウリーニョ②
森本 貴幸①
オナイウ阿道①
<アシストランキング>
ネイツ ペチュニク③
田中 佑昌③
谷澤 達也②
中村 太亮②

キム ヒョヌン①
パウリーニョ①
<警告ランキング>
谷澤 達也③
高木 駿②
キムヒョヌン②

金井 貢史①
井出 遥也①
ネイツ ペチュニク①
パウリーニョ①
佐藤 健太郎①
中村太亮①

<超個人的選評>

【21:高木駿: 6.0】
後半流れが均衡していたタイミングでしっかりと枠内シュートを掻きだし、悪い流れを断ち切る。空中戦もしっかりと前に出て行ってパンチング、キャッチと相手の狙いを読んで未然に防いでいた。

【2:大岩一貴: 5.5】
序盤は点を取れていい流れで来ていたが、課題となるのは前半の途中から3点目を取るまでの嫌な流れになったときにもう少しラインコントロールをしていく必要があった。相手の攻撃的な布陣に対して、どのようにマーキングするかその指示ができるようになっていけばもっと楽な展開だった。最終的には関塚さんの采配でふたをしているので、もっと自主的に流れを作れるようになりたい。

【20:キムヒョヌン: 7.0】
愛媛、磐田といい形でセットプレイに絡めていたが点につながっていないのでようやく結果が出た。4点目に残り気味にいたことは遠慮がちなキムが一皮むけた印象。ネイツにも喜び方を指南してもらう必要はなくなった。守備面は大岩同様ラインコントロールとディフェンスでのビルドアップが引き続き課題。日本語は一歩成長。

【17:中村太亮: 6.5】
相手が格下ということもあり、思い通りにオーバーラップすることができていた。健太郎とのコンビネーションはパウロや勇人よりもよいかもしれない。守備面は巻が入ってからが課題で、太亮ぐらいはビルドアップに絡んでほしかった。

【13:金井貢史: 6.0】
片山をしっかり無効化したことは勝因に値する。攻撃面でも町田が入ったときの方がシンプルにボールが出てくるためオーバーラップがスムーズだったように見える。5バックになってからもセンターバック的役割もこなし、ポリバレントさを垣間見る試合となった。

【16:佐藤健太郎: 6.0】
相手のプレスがほとんどなかったこともあり、自由にボールの供給ができるようにはなっていた。まだ積極的に前に出ていく回数は少ないのだが、クレバーな選手なので無駄走りはしないポリシーなのだろう。むしろ2列目に入ったときの方が前からのプレス、回りへのボールの供給がスムーズだった。

【5:パウリーニョ: 7.5】
今日は前線がネイツということもあり、守備面ではしっかりとパウリーニョでボールを取ることができ、いい形でリアタックができたことにより先制PKをゲット。途中の苦しい時間帯でも攻撃の芽を摘み、らしさを見せた。さらに試合を決める3点目はゴラッソ。回りもどういったミドルだとパウリーニョが打ちやすいのかがわかっているのかもしれない。

【8:谷澤達也: 5.5】
今日は西村主審とマニアックなファール取れるか合戦を繰り広げており、中々リズムに乗れなかった。途中からクリアに終始する展開になってしまい、いい形でボールが収まらず中々谷澤らしさを見せることはできず。後半守備的になるタイミングで連戦の影響もあり交代。

【6:田中佑昌: 6.5】
井出&森本より、ネイツ&町田の方がより佑昌らしさを発揮できた。町田のシンプルなダイレクトパスを受けて縦に速い攻撃の中心になれる。後半もいい場面で駆け上がり4点目のアシストをマーク。これで3アシスト目。レギュラー争いに食い込むべくアピール。

【14:町田也真人: 6.5】
試合前コメントで町田らしさを発揮するとコメントしていたとおり、専修時代に見せていたダイレクトパスをなんどもお見舞い。リンクマンとして機能しているだけでなく、ボールを持たずにシンプルにはたくプレイヤーとして十二分に能力を発揮。4分の先制までに何度も流れるようなパスワークの起点となっていた。本人がゲットしたPKのシーンのようにペナルティエリアに入っていく動きも聞いており、おしかったのはネイツに出したスルーパス。5分5分にも関わらずスルーパスを出すメンタリティはこのチームにかけていたピースだった。今後も途中出場で出たとしてもチームに新しいアクセントを作れる存在。攻撃の幅が広がる予感。

【11:ネイツペチュニク: 5.5】
もともとはワントップ経験が乏しいこともあり、ロングボールの入る位置はかなりファジーなまま。とはいえ最低限の仕事はしていた。森本と異なり守備面も若干ゆるくなるシーンもあり、前半の停滞を招く要因には正直なっていた。ただ町田との相性も悪くなく、決定力アップさえしてもらえればまだまだ高みを目指せるプレイヤーだ。

【3:田代真一:5.5】
今季初出場にもかかわらず、運動量を上げてサイド、2列目に顔を出し再びリズムを作りなおした。闘志あふれるプレイを見せてちょっと変わったのかなぁと思わせるシーンも。チャンス構築まではいかなかったが、ポリバレントプレイヤーとして今後も期待。

【4:北爪健吾:6.0】
途中ミッドフィルダーとして出場し、ハードワークで前からの守備を再稼働させた。サイドバック以外で使われることはあまりイメージしていなかったが、あの運動量と走力、そして勝気なメンタリティは後半クロージングする上での深井的役割になりえるかもしれない。

【33:伊藤槙人:5.5】
5バック移行という難しい役回りにもかかわらず、そつなくこなした。セットプレイにも絡み、アピールになったのではないか。冷静沈着なスタイルで今後も出場機会を狙う。

【関塚監督: 7.0】
 調子の上がらない熊本に対して、しっかりと前からプレスをかけリズムを作っていった。開始から何度となくチャンスを作るハブとなった町田を積極登用し、さっそく結果を出す。その後も熊本の苦手なセットプレイを何度も獲得していき、追加点。ここまではよどみのない思い通りの展開だった。しかし、相手が巻を投入してから劣勢になる。相手がつなぐことをあきらめ、ロングボール主体にしてから、クリア一辺倒になってしまったところは今後の課題だろう。恐らく相手が3トップ気味になったときにキム、大岩以外のメンバーが3人にどうやってついていくかというところがファジーになっている印象を受けた。さらにラインがずるずると下がってしまいプレスが前から聞きづらくなったことも要因だと思われるので、ここは今後も想定されるシーンだと思うので改善してもらいたいところ。

 後半守備がはまらなくなってくることを見かねて、関塚監督が動く。町田→田代を投入し、健太郎を前に出す布陣に、セカンドプレスがこれで機能するようになり再びリズムを取り戻した。町田も攻撃面では貢献度が高かったものの守備面はまだまだ周りとの連携があわなかったこともあり、そこを見抜いての交代。関塚監督のひきだしの多さにはいつも脱帽する。その後リズムを取り戻したジェフは待望の3点目をゲット。

 その後は相手の4トップに対して北爪、伊藤を入れて5バックで手堅く対応。チームの流れを考えるとしっかりシャットアウトがちにしたかったと思うので、ここらへんもいい采配だった。さらに北爪を前で使ったり、伊藤をサイドバックに入れてみたりと複数ポジションを経験させた形で勝利。これでシャットアウトは6試合目。守備的布陣で追加点を取れる願ったりかなったりな展開で見事に悪い流れを断ち切った。

 町田、田代、北爪、伊藤と新戦力をしっかり試して勝ちきれたのは大きい。さらに悪い時間帯で失点する流れをしっかり断ち切れたのも成長のあかし。C大阪戦のような流れにならないように踏ん張れたのは相手の問題もあれど、チームには自信になっていくだろう。特に町田のダイレクトプレイはチームに新しいスイッチをもたらす予感。井出にはたらない積極性を町田がふきこんでくれれば攻撃のバリエーションは増えていくだろう。

 中3日で試合はすぐに来る。讃岐戦までで4連勝できれば再び自動昇格圏に入っていけるだろう。ひとつひとつ難しい試合は続くと思うが、今のスタイルを維持しつつ、いろいろなカラーを出す試合になってくれれば毎試合毎試合楽しみな展開だ。今のチームはそういった要素を感じられる。GWにいろいろな色のジェフを見てみたい。

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

« »