「攻撃のテーマは縦に早い攻撃。ボールを奪った後、少ないタッチ数で裏を素早く奪いたい」〜2015年J2第18節 アビスパ福岡戦プレビュー〜

jef_preview アビスパ福岡

Pocket

<3-4-2-1で堅実に戦う福岡。いかにセットプレイの数を相手に与えずに戦うか>

<福岡の成績:4位 9勝3分5敗 得点21(7位) 失点18(9位) 得失点2>
1 京都  1-3 中原貴
2 愛媛  1-2 中原貴
3 札幌  1-2 坂田
4 熊本  1-0 濱田
5 横浜FC  2-2 酒井,中原貴
6 水戸  1-0 鈴木
7 大分  2-1 末吉,城後
8 北九州  1-0 中原貴
9 岐阜  2-2 城後,中原貴
10 磐田  1-0 酒井
11 C大阪  1-0 酒井
12 群馬  4-1 鈴木,中原貴,城後,阿部
13 栃木  0-0  
14 岡山  1-0 濱田
15 讃岐  1-3 鈴木
16 大宮  0-2  
17 徳島  1-0 濱田

福岡は井原体制に代わり、最初は4-1-2-3とやや攻撃的な布陣を引いていたが複数失点で3連敗と最悪のスタートだったが、その後現状の3-4-2-1に変更し、基本5バックでがっちりと守備を固めて、隙を見てカウンター、そして強力なセットプレイで確実に点を取り手堅く勝ちを拾っていく現実的なサッカーにシフトしてから11戦負けなしと好調をキープ。中には磐田やC大阪も含まれており、J2仕様の戦い方で現在4位につけている。

Mr.福岡と言えば城後だが、今年はボランチにいる鈴木と末吉がゲームをコントロールし、ボールを奪ったらカウンターを狙い、仙台から加入した中原にまずは預けて、2列目の金森と城後がひろって時間を作り、その後オーバーラップしてくるサイドの阿部、亀川に預けてクロスが基本パターン。前線の守備のところは前節に引き続きしっかりとボランチをケアし、サイドに入ったタイミングで早めにボールを奪うことが出来れば、こちらのねらうカウンターの回数が増えてくるはずだ。

セットプレイはCKからもあるし、末吉、鈴木の両ボランチの直接FKもある。前節の札幌戦であった不用意なファールは福岡を勢いづけさせる可能性がある。戦い方は前節の札幌に近く、ボランチのところで自由にボールを出させないマネジメントがまずは大事になってくるだろう。

<福岡予想スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー中原ーーーーーー
ーーーー金森ーー城後ーーーー
ー阿部ー鈴木ーー末吉ー亀川ー
ーーー堤ーー濱田ー  イ ーーー
ーーーーーー神山ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<攻撃のテーマは縦に早い攻撃。ボールを奪った後、少ないタッチ数で裏を素早く奪いたい>

福岡の失点パターンはセットプレイ以外が少なく、非常に堅い守備を誇っている。讃岐戦は相手に引かれた関係でカウンターを食らう形だったがそういった流れにはなっていかないだろう。その際に参考になるのは大宮戦の2失点。ロスタイムで集中力が切れ易い場面ではあるが、非常に高い位置でボールを奪われ、縦に早く攻撃をすることでゴールを奪われている。他の試合でも流れの中で点を取られたパターンは福岡DFが帰陣する前に裏をしっかりとっていたり、早いタイミングでシュートを打ってゴールを奪ったりと、縦に早い攻撃での失点が目立つ。この部分はジェフがもともと目指していたパターンのはずだ。練習でもそのような取り組みをしているようなので、少ないタッチ数でダイレクトプレイを増やしていければ、チャンスは自ずと増えていくはずだ。

また、福岡は後半の失点が非常に多い。守備の場面で耐えきれずに上記のようなシーンが生まれているので、前節に引き続き焦らずじれずに堅い守備を崩していけるようにしていきたい。

5試合ぶりの勝利にむけて、ミーティングで分かち合ったお互いのコンセンサスを糧に久々の勝ち点3を目指してもらいたい。

<予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーオナイウーーーーー
ー佑昌ーーー町田ーーー水野ー
ーーー健太郎ーーパウローーー
ー太亮ー大岩ーーキムー金井ー
ーーーーーー岡本ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
高木
田代
北爪
佐藤祥
井出
森本
鈴木

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

style=”display:inline-block;width:300px;height:250px” data-ad-client=”ca-pub-5089253422644111″ data-ad-slot=”9422003899″>

« »