「チーム力の熟成度の差を見せつけられる結果に」〜2015年J2第34節 大宮アルディージャ戦レビュー〜

jef_preview 大宮アルディージャ

Pocket

千葉VS大宮
0前半0
1後半2
1合計2
13シュート11
10GK10
9CK3
11直接FK9
4間接FK1
3オフサイド1
0PK0
<スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーー松田ーー森本ーーーー

ーネイツーーーーーーー水野ー

ーーー健太郎ーーパウローーー

ー金井ー富澤ーーキムー大岩ー

ーーーーーー高木ーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

岡本
栗山
田代
佑昌
谷澤
井出
オナイウ


【得点】
88′オナイウ 阿道③

 

 

【交代】

54′森本 貴幸➡オナイウ 阿道
54′金井 貢史➡田中 佑昌
66′佐藤 健太郎➡谷澤 達也

【警告】

 


<得点ランキング>
ネイツ ペチュニク⑪
井出 遥也⑤
キムヒョヌン④
金井 貢史④
森本 貴幸④
松田 力④
オナイウ阿道③

パウリーニョ②
大岩 一貴②
中村 太亮①
田中 佑昌①
水野 晃樹①
町田 也真人①

<アシストランキング>
中村 太亮⑧
ネイツ ペチュニク④
田中 佑昌④
谷澤 達也③
オナイウ阿道③
町田也真人②
森本 貴幸②
キム ヒョヌン①
パウリーニョ①
佐藤健太郎①
安 柄俊①
井出 遥也①
<警告ランキング>
谷澤 達也⑦
パウリーニョ⑥
ネイツ ペチュニク⑥
金井 貢史⑤
井出 遥也④
佐藤 健太郎④

中村 太亮③
キムヒョヌン③
大岩 一貴③
佐藤 勇人③
高木 駿②

町田 也真人②
田中 佑昌①

田代 真一①
岡本 昌弘①
栗山 直樹①
森本 貴幸①
松田 力①

 


<超個人的選評>

【1:高木駿: 5.0】
序盤のピンチはいつもの連携ミス。ムルジャのミスに助けられたが、二回目はゆるされなかった。後半の失点シーンも一回目は抑えることが出来たが、つめた相手には間に合わず。それ以外はピンチらしいピンチがなかったので、キーパーとしては悔しい出来だったはず。

【15:富澤清太郎: 5.0】
走力のことを問題にされているが、期待されているのは全体を統率する部分。途中までは良かったが中盤の守備がおろそかになるタイミングで後ろから前のメンバーに檄ができるか。彼の存在価値はそういうところにあるのではないか。

【20:キムヒョヌン:6.0】
ムルジャに一対一では仕事をさせず、タイトな守備では家長に仕事をさせなかった。個の戦いではしっかりと戦うことが出来ているところは評価したいところ。

【13:金井貢史: 4.5】
この大事な一戦で左サイドは荷が重かった。守備面では対処できても攻撃面で貢献するのは難しい。左右入れ替わるシーンもあったが、佑昌に変わるまでいいところはほとんどなかった。

【2:大岩一貴: 4.5】
やっぱり相手の泉澤は手強かった。1点目は泉澤に翻弄され、後半もドリブルからうちに入られてしまうシーンが多かった。攻撃面では貢献しようと躍起だったが、空回りしているシーンが多かった。まだまだ実力が足らないことを次への糧にしてもらいたいところ。

【5:パウリーニョ: 5.5】
要所要所でボールダッシュに成功しカウンターの起点となっていた。その後のミドルシュートは一本ぐらいは枠に入れてほしかったが。谷澤とのボランチコンビは新鮮なものだったが、悪くはなかった。

【16:佐藤健太郎: 5.0】
序盤はボールを散らす役、バイタルエリアに入っていくなどしっかりと役割を全うしていた。今日のような相手では落ち着いてボールを回せるのだが、失点して点を取りにいくとなるとボールは引っかかり気味に。ネイツ&金井コンビの相性もそれほど良くなく、ボールロストの多さから交代。

【29:水野晃樹:5.0】
水野がこの試合のビルドアッパーとして機能しており、前半はいいボールを供給していたが、失点後はやや孤立気味になり、ミスも目立つ形に。やはり気持ちに波があるところが玉にキズ。

【11:ネイツペチュニク:5.0】
チーム得点王ではあるのだが、ここのところ不発が目立つ。前半惜しいチャンスがあったのだが決めることが出来ず。守備面でも中途半端なところがあり、やはり左サイドはあまり相性が良くないのかもしれない。相変わらず使い方に難がある選手だ。

【38:松田力:5.0】
大事な試合ということもあったからか、少し気持ちが空回りし攻撃面では相手の守備網にひっかかった。それでも精力的に走るところは拍手を与えたい。

【9:森本貴幸:5.0】
序盤は守備面でいい入りをしていたが、失点後はいい形でボールが来るシーンは少なかった。大宮の形守備をこじ開けるにはもう一工夫必要なのだが、今の森本にその術はない。

【6:田中佑昌:7.0】
初めての左サイドバックでの出場ながら、太亮と遜色のない出来を披露。守備面もそこそこ貢献しており、新たなオプションを手にした。今後も左サイドバックでの起用を見てみたいところ。

【19:オナイウ阿道:6.0】
久々の長い時間の出業。それなりの存在感はあったが、ポストプレイ時にスローテンポになるのは今後の課題。それでもボールはしっかりおさまり、気持ちが見えるプレイは好感触。最後に維持の得点をマークし、一定の存在感を示した。

【8:谷澤達也:5.0】
久々の長い時間の出場はボールを落ち着かせる役として登場。ビルドアッパーとして一定の成果を得たが、決定的な仕事はなかなかできず。

【関塚監督: 5.5】

 首位との直接対決は栃木戦と同じ布陣で望んだ。序盤は相手が引いて守る戦い方ということもあり、サイドチェンジを主体にチャンスを作っていた。しかし、その流れで得点を奪うことが出来ず、相変わらずの決定力不足を露呈。徐々に疲れが見えてきたところで守備のほころびからカウンターで失点。大宮の狙い通りの展開となってしまう。その後もいい場面でボールを取られるシーンが続き軌道修正は出来なかった。その流れは後半になっても変わらず、2失点目を献上する。1点取られるといい流れを作れないいつもの悪い癖を露呈した。

 しかしここから珍しく関塚監督が2枚替えを敢行。低調の森本、金井に変えて、オナイウと佑昌を投入。佑昌を左サイドバックに入れ、ギャンブル的起用がそこそこリズムを取り戻すことになる。オナイウはそこそこ収まるようになり、再びボールを支配できる流れに。さらに佑昌のサイド攻撃は脅威となり、最終的には佑昌からのクロスでオナイウが意地の一発を決める。しかし、反撃もここまで。

各選手が少しずつ何かが足りないと富澤がコメントしていたが、J1に自動昇格できるチームの成熟度と比較すると、まだまだいろいろなものが足らない。そんなことを感じる試合。とにかくミスパスが多く、連携力が高くなっていないことを痛感する出来だった。これだけ年間いろいろなことを試しているとまあ連携力は上がっていかないだろうと思うが、まさに1年間かけていろいろな選手を試しているとしか思えないほど、いろいろな選手を起用しているシーズンだと言える。この大事なタイミングで太亮は大事を取る感じを見ても、42試合の1試合という位置づけで試合している様に思える、と、応援する側も気持ちが入らなくなってくるのは、勝ちの美酒に酔える回数が今年は少ないからだろうか。

 再び8位に陥落。次節愛媛戦に負けるとかなり厳しい状態になる。ライバルチームも苦しんでいるのでなんとかきっかけを掴んでほしいものだが。。

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

« »