「両ボランチ&ネイツが不在。代わりのメンバーは今こそ奮起するとき」〜2015年第41節 ファジアーノ岡山戦プレビュー〜

jef_preview ファジアーノ岡山

Pocket

<堅守岡山。矢島起点のカウンターをケアし、裏への飛び出しを防ぎたい>

<岡山の成績:13位 11勝17分12敗 得点38(14位) 失点34(3位) 得失点4>

<千葉対戦後の岡山の成績>

5 4/1(水) 大宮  0-0  
6 4/5(日) 徳島  2-1 矢島,片山
7 4/11(土) 磐田  1-1 押谷
8 4/19(日) 熊本  3-0 伊藤,矢島,押谷
9 4/26(日) 札幌  0-1  
10 4/29(水) 水戸  0-1  
11 5/3(日) 長崎  2-2 片山,岩政
12 5/6(水) 栃木  0-0  
13 5/9(土) 金沢  1-1 片山
14 5/17(日) 福岡  0-1  
15 5/24(日) 横浜FC  0-0  
16 5/31(日) 讃岐  1-0 OG
17 6/6(土) 東京V  0-1  
18 6/14(日) 群馬  1-1 矢島
19 6/21(日) 愛媛  1-2 岩政
20 6/28(日) 北九州  3-2 押谷x2,片山
21 7/4(土) 京都  2-0 篠原,矢島
22 7/8(水) 長崎  1-1 伊藤
23 7/12(日) 大宮  0-3  
24 7/18(土) 徳島  0-3  
25 7/22(水) C大阪  1-2 久保
26 7/26(日) 栃木  2-2 篠原,OG
27 8/1(土) 磐田  1-2 岩政
28 8/8(土) 北九州  0-1  
29 8/15(土) 札幌  0-0  
30 8/23(日) 福岡  1-0 岡本
31 9/13(日) 愛媛  1-1 伊藤
32 9/20(日) 群馬  3-0 伊藤,矢島,押谷
33 9/23(水) 京都  0-0  
34 9/27(日) 大分  1-0 久保
35 10/4(日) 水戸  3-0 矢島,押谷x2
36 10/10(土) 東京V  1-1 矢島
37 10/18(日) 金沢  0-0  
38 10/25(日) 横浜FC  0-0  
39 11/1(日) 讃岐  1-2 篠原
40 11/8(日) 岐阜  0-0  

岡山は前節の岐阜戦によってプレーオフ進出の目がたたれたものの、引き分け17試合、失点は、大宮、讃岐に次ぐ3位で岡山らしい堅守速攻スタイルを貫いた戦いを続けている。3-3-2-2というか、5-3-2というか前からしっかりと守備をしてゴール前になかなか行かせない、ロングボールも岩政を中心に跳ね返し隙が本当にないチームだ。

ここ10試合の失点数も3失点となっており、このゴールをこじ開けるのは至難の業だ。失点パターンはセットプレイとクロスだが、ネイツが不在の中なかなかクロスでゴールをこじ開けるのは難しい。ただ相手も押谷と篠原とセンターラインの要が出場停止となっており、相手もほころびが出てくるはずなので、ゲームの中で見極めて行くのが大事かもしれない。

相手の攻撃の起点は矢島。矢島にボールがわたったときにロングボールでシンプルにまず裏を狙ってくる。この矢島をしっかりとつぶしに行けるかどうかが守備時の注目ポイントだ。森本が前線からしっかり守備をしたのちに矢島のところでボールがしっかり奪えるようになると面白い展開になってくるはずだ。また、少し気になるのは、久保、伊藤といった元ジェフの存在。後半途中出場で出てきたときにケアをしておきたい。岡山はロスタイムでの得点も多く、ジェフのありがちなロスタイム失点のジンクスをこの相手で打ち破りたい。

<岡山予想スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーー岡本ーー片山ーーーー
ーーーー島田ーー渡邊ーーーー
ー三村ーーー矢島ーーー加地ー
ーーー竹田ー岩政ー近藤ーーー
ーーーーーー中林ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<両ボランチ&ネイツが不在。代わりのメンバーは今こそ奮起するとき>

東京Vには、「序盤の戦い方」をチーム一丸で取り戻すことによって1-0でなんとか勝利しプレーオフ圏内に踏みとどまった。富澤は苦言を呈していたが、岡本や森本のはしゃぎっぷりやちょっと明るいムードになったことはよかったのではないかと思っている。いままでチームにいいムードというものがほとんど感じられなかったので、こういったモードチェンジでチームの雰囲気がよくなっていくことを期待したいところだ。

しかし、この試合でイエローをもらった両ボランチが出場停止。加えてヴェルディ戦で効いていたネイツがユーロ最終予選のプレーオフに出場するため、スタメン3人を欠いた布陣となる。ここでどのような布陣で関塚監督が采配するのか、VS岡山戦での関塚監督のアプローチが勝敗を分けると言っても過言ではない。

関塚監督のセオリーで考えると勝ったときにはスタメンをいじらないのだがこの試合はいじらざるを得ない。ただ2トップはネイツがトップにいて成り立つということもあり、相手に岩政という屈強なCBもいるので、ある程度つないでという意識も出てくる可能性が高そうだ。也真人はコメントでアピールしていることもあり、4-1-4-1 あるいは 4-5-1といったフォーメーションになるかもしれない。岡山戦対戦時は4-2-3-1のアプローチを取っていたこともあり、堅く中央を締める岡山に対して、サイドを起点にビルドアップするイメージを取ってくるのではないだろうか。

そうなるとサイドは太亮と水野をビルドアッパーにし、前節の良さでもあった裏への飛び出しが得意な森本、松田、佑昌を走らせて、也真人のスルーパスを生かす。ボールを奪われたら前線の守備をしっかりやって自由に攻撃をさせないといった戦い方になるだろうか。最初は2ボランチで安定させて、途中から也真人という考え方もあるような気がしている。どのような采配をふるうのか、コンディション面も含めて好調な選手を起用してほしい。この試合で代わりの選手がアピールできれば、残り3試合に大きなアドバンテージを持つことが出来るはずだ。

明日の岡山は雨。ところで今年の雨の試合は3勝0敗0分。ジンクスになびきがちなチームだが、このジンクスが当る試合になってもらうことを祈りつつ、久々の遠征に出かけます。

<予想スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー森本ーーーーーー
ー佑昌ーーー松田ーーー水野ー
ーーー健太郎ーー田代ーーーー
ー太亮ー富澤ーーキムー大岩ー
ーーーーーー岡本ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
高木
北爪
金井
谷澤
井出
也真人
オナイウ

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

« »