「ニューイヤーカップを通じて見えたもの①GK編」

news


<ニューイヤーカップ優勝。それぞれの試合で見えたもの>

熊本、福岡、鹿島と戦い、見事優勝を飾ったジェフ。個人的に見ていてよかったなと思えるのは各選手が楽しそうにやっているというところ。これだけの入れ替わりがあったタイミングですでに停滞気味だと目も当てられませんが、注目選手がそれぞれ個性を発揮していたので、今後が楽しみになる出来だったと思います。3試合を通じて、それぞれの選手の印象をつらつらと書いて行きたいなと思っております。

評価ポイントとしては前回記載した通り、高橋GMのプレゼンテーションにあった通り、下記の基準で評価したいなと。

①ジェフでやりたいという強い意志がある選手(チーム貢献力)
②監督がやりたいサッカー、求めている選手(監督親和性)
③昇格チームとの差が埋められる選手
・得点力
・ビルドアップ力
・スプリント力
・ラストパス力
・走る力
・守備への献身

あくまで、ニューイヤーカップ3試合を通じた印象ですが、独断と偏見でいつもの超個人的選評をして行きたいと思います。

 

 

<超個人的選評>

■GK
【23:佐藤優也】
チーム献身力:★★★★★
監督親和性 :★★★★☆
決定力   :
ビルドアップ  :★★☆☆☆
スプリント :
ラストパス   :
走る力   :
守備    :★★★★☆

頼れるキャプテンはここにいた。高橋GMのインタビューでもあった通り、チームをひっぱる中心的存在がいないことが大きな課題だとコメントしていたが、最も後ろの位置から絶え間なく声を出し、チームをまとめようとする姿は印象に残った。山口智のようなタイプともまた違う、鋭い指摘というよりも、きめ細やかにいろいろと修正を求める声は今までのジェフに最も足らなかったタイプの選手かもしれない。関塚氏の提案で選手にキャプテンを決めさせた経緯で任命される理由もよくわかる。年齢も29と中堅であり、プレイも闘志あふれるパンチングが持ち味とかなり期待できそうだ。すべての選手の中でtop3に入るいい補強だったといえる。

■GK
【21:藤嶋栄介】
チーム献身力:★★☆☆☆
監督親和性 :★★★☆☆
決定力   :
ビルドアップ  :★★☆☆☆
スプリント :
ラストパス   :
走る力   :
守備    :★★★☆☆

出場した試合が、大勝した試合だったということもあり、あまり見せ場はなかったが、少ないプレイの場面では危なげない対応は好印象。レンタルであり、千葉とのゆかりもないと言うところではチーム献身力はまだ未知数(巻と同じ高校出身ぐらい)のところがあるが、アンダー代表経験もあり、頼もしいバックアッパーになってもらいたいところ。

 

 

 

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

« »