「攻撃的?守備的?。交代も含めて関塚采配に注目」〜2016年J2第2節 ファジアーノ岡山戦プレビュー〜

jef_preview ファジアーノ岡山

Pocket

<ベテランとオリンピック世代をブレンドして新たな活性化を図る岡山>

<岡山の成績 9位 0勝0分0敗 勝ち点1 得点1 失点1 得失点0>

岡山の開幕戦は昇格組の山口に先制され、セットプレイがらみの矢島のゴラッソで追いついたものの、シュートを沢山量産するにとどまっている。開幕戦で新しいメンバーでやることも影響してからか、序盤は山口に片山、田中の両サイドの裏を狙われ、そこからカウンターを食らうシーンが多く、序盤の得点もそういった流れで生まれている。この辺は後述するが、攻撃面で狙って行けるかもしれない。

ただ、攻撃面に関しては、ボールをキープし、打開も出来る攻撃のスイッチャー矢島、前線でタメが作れる伊藤、豊川、そして柔軟にポストプレイが出来る赤嶺の存在は大きく、得点力に乏しかった攻撃面の課題を払拭できそうな布陣が整っており注意が必要だ。アタッキングサードまではある程度形を作れるようになっており、片山、田中のところでクロスを量産できるが、まだそこでの連携がうまく印象。とはいえ、サイドからのクロスに対する対応は増えそうな予感がするので両サイドバックの間合い、クロスが上がってからの冷静な対応には注意が必要だろう。

守備時のチェックポイントとしては、まずしっかりポストプレイができる赤嶺に前を向かせず、ビルドアッパーとなる伊藤・豊川の位置でどれだけボール奪取ができるか。そして矢島にボールが入ったタイミングで前線が中央にふたを締められるか、この2点がポイントだろう。サイドに限定してからは、阿部、多々良の二人がしっかりと守備をしてもらえれば、そんなに恐怖心はないので、中央でのボール奪取のアイデア緑が勝負の分かれ目になるだろう。

<岡山予想スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー赤嶺ーーーーーー
ーーーー伊藤ーー豊川ーーーー
ー片山ー矢島ーー渡邊ー田中ー
ーーー竹田ー岩政ー澤口ーーー
ーーーーーー中林ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<攻撃的にするか、守備的にするか。交代のタイミングも含めて関塚采配に注目>

関塚監督は序盤サイドハーフに井出、小池、ボランチに富澤を選択。守備面をやや意識した采配となったが、堅く入りすぎてしまった面も否めない。攻撃面では井出がもう少し頑張らなければいけない布陣だったが、交代の采配は的中し、フクアリ劇場を完成させた。この試合は、堅守にある程度ビルドアップ面での改善が見られる岡山だけに、いままでの傾向としては、守備的に入るのではないかと推測される。山本がはいると攻撃的になるが、岡山の1トップ2シャドーのケアがおろそかになるリスクを鑑み、相手のサイドのスペースを狙えるキックを持つ富澤が引き続き先発ではないかと予想する。サイドハーフに関してもサイドの裏のスペースをうまく使えるのは小池で、阿部とのコンビネーション向上もふまえると井出が引き続き先発予想。ただ、徳島以上に堅く入る相手でもあるので、長澤の起用が見られると少し発見感のある試合になるのではないだろうか。

徳島戦では多少シンプルに裏を狙いすぎていた部分があるので、ボランチをしっかりと経由してからサイドの裏を狙うというバリエーションも、コメントを見るかぎり狙ってくることが予想される。そうなるとアランダに一回ボールを預けたり、富澤を経由してから裏を抜けるシーンをどれだけ増やせるかというところが攻撃面のチェックポイントだ。去年はボランチに一度経由してから停滞した攻撃に終始することが多かったが、ボランチに経由してもそれなりに縦に早い攻撃を作ることができるか。FWのコンビネーションは悪くないので、ビルドアップ面での改善を期待したい。

途中交代に関しては、引き続き吉田や山本が交代後どういったパフォーマンスを見られるかというだけではなく、勝っているときのクロージングプレイヤーということもふまえると勇人や若狭といったカードもあり、まだまだ目のはなせない序盤の戦いになりそうだ。ただ、アウェイということもあり、リスクマネジメント型の1-0で勝利を掴んでほしいものだ。

<予想スタメン>

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーエウトンー船山ーーーー
ー長澤ーーーーーーーー小池ー
ーーーー富澤ーーアランダーー
ー阿部ー近藤ーーイーー多々良
ーーーーーー佐藤ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
藤嶋
比嘉
若狭
山本
勇人
井出
吉田

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

« »