「セレッソ戦の経験を生かし、ワールドクラスのムルジャを抑えたい」~2015年J2第7節 大宮アルディージャ戦プレビュー~

jef_preview 大宮アルディージャ

Pocket

<セレッソ戦の経験を生かし、ワールドクラスのムルジャを抑えたい>


<大宮の成績:3勝2分1敗 得点7 失点5 得失点2>

1 3/8(日) H 金沢  1-0 家長
2 3/15(日) A C大阪  1-3 河本
3 3/21(土) H 京都  2-1 カルリーニョス,河本
4 3/29(日) H 札幌  1-1 横谷
5 4/1(水) A 岡山  0-0
6 4/5(日) H 熊本  2-0 ムルジャ,横山

大宮は残留王と呼ばれるぐらい、J1での残留争いでここぞというときに力を発揮し残ってきたチーム。序盤に失速すると持ち前の資金力にものを言わせて大物外人や的確な補強を行い、そこそこ名前の通った選手が活躍して残留という流れだったが、昨年はなかなかうまく行かなかった。ただ、昨年途中に加入したムルジャは明らかにワールドクラスで、レッドスター在籍時代には2度の得点王に輝いている。そのときにネイツとFWでコンビを組んでいたこともあり、お互いの手の内がわかっている状態だ。若返ったジェフのディフェンス陣がこのムルジャを抑えるか、ここが最大の見所と言っていい。

数字を見てみてもムルジャがキーマンであることを表している。初戦の家長・ムルジャがそろい踏みだった第1節以外セットプレイ以外から得点がとれていない。パスCBP2位、ドリブルCBP1位、クロスCBP2位、チャンス構築率1位、シュート数2位とアタッキングサードまではうまくボールを運びシュートまでつなげているチームだがフィニッシュの部分であるゴール成功率が19位で、決定力不足が課題と言ったところだ。しかし、前節でムルジャが復帰し得点を上げて勝利に貢献、そして家長が今節復帰でいよいよ本来の大宮が見えてくる大宮にとってもターニングポイントの試合だ。

攻撃の基点はカルリーニョス。カルリーニョスが攻撃のスイッチ役なので、ここをしっかり前線+ボランチでつぶし、ドリブルが得意な泉澤、ボールが収まる横谷、チャンスメークが得意な家長との関係性を分断し続けられるかどうか。運動量勝負の試合になるだろう。ムルジャも身長が高く、キム・大岩コンビがしっかりと競り勝てるのか。守備面での見所は沢山ある。ただ、守備に関してはジェフとしても自信を持っているはず。強烈な個をしっかりと抑えて、セレッソ戦での経験を肥やしにしてもらいたい。

<大宮予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーームルジャーーーーー
ー泉澤ーーー横谷ーーー家長ー
ーーー  カルリーニョスー金澤ーーーー
ー和田ー河本ーー横山ー今井ー
ーーーーーー加藤ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<引いた相手を崩せるか。2列目+森本で中をこじ開けられる経験値を摘みたい>


大宮は継続して守備には定評がある。帰陣が早く、しっかり引いた相手を崩すということについては、栃木戦で課題の残ったテーマだ。最近はネイツが真ん中に入ることによって打開できて入るものの、森本との縦関係でおきるスルーパスはあまりなく、ここらへんのコンビネーションが上がってくるともう一段階上に上がってくる。ネイツはある意味軽いというか、積極的というか、縦パスを入れてくるのだが、森本が欲しいタイミングとまだあっていない印象。谷澤や井出との噛み合わせももう少し上げていってほしいものだ。ボランチ陣も縦パスを入れるタイミングがあってない印象なので、中央での打開をテーマに戦ってもらいたいところだ。

とはいえ、今日の試合は絶対に負けられない。リスクマネジメントも考慮し、しっかりとジェフらしいプレッシングから素晴らしい試合をフクアリで見せてもらいたい。

<予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー森本ーーーーーー
ー谷澤ーー ネイツ ーー井出ー
ーーーー勇人ー  パウロ ーーー
ー太亮ー大岩ーーキムー北爪ー
ーーーーーー高木ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

岡本
田代
金井
佑昌
健太郎
町田
オナイウ

 

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

« »