「審判も味方につけるフクアリ劇場で久々の3連勝。だが近藤不在で課題露呈。」〜2017年J2第22節 カマタマーレ讃岐戦レビュー〜

jef_review カマタマーレ讃岐


千葉VS讃岐
1前半1
3後半2
4合計3
11シュート8
5GK8
5CK4
16直接FK12
4間接FK1
3オフサイド1
1PK1
<スタメン>


【得点】

13′ラリベイ⑥
68′清武 功暉⑩
80′ラリベイ⑦
83′ラリベイ⑧

 
【交代】
 

57′船山 貴之→ホルヘ サリーナス
64′羽生 直剛→高橋 壱晟
77′熊谷 アンドリュー→岡野 洵

【警告】
45+3′大久保 裕樹

74′大久保 裕樹
76′高橋 壱晟①
90+3′ラリベイ③
90+4′佐藤 優也①

 


<得点ランキング>
清武 功暉⑩
ラリベイ⑧
船山 貴之④ 

指宿 洋史③

高橋 壱晟②
町田 也真人②
近藤 直也②
山本 真希②
乾 貴哉②
キム ボムヨン②

西野 貴治①

高橋 壱晟①
アランダ①

<アシストランキング>
清武 功暉⑤
北爪 健吾⑤
町田 也真人③
指宿 洋史③
乾 貴哉③
ホルヘ サリーナス③
高橋 壱晟①
キム ボムヨン①
佐藤 優也①
アランダ①

<警告ランキング>
熊谷アンドリュー⑤
清武 功輝③
多々良 敦斗③
近藤 直也③
アランダ③
ラリベイ③
町田 也真人②
船山 貴之②
乾 貴哉②
羽生 直剛①
イ ジュヨン①
西野 貴治①
ホルヘ サリーナス①
佐藤 優也①
キム ボムヨン①
佐藤 勇人①
岡野 洵①
高橋 壱晟①
佐藤 優也①


<超個人的選評(平均5.5)>

【23:佐藤優也: 6.5】
 最後のPKは圧巻だが、馬場のシュートは内側に来てるので確実にストップすべし。2点目も今までだったら飛び出すタイミング。3点目は壁のせいでもあるが、であればしっかりと指示をすべし。すべて防げる失点。

【37:キムボムヨン:5.5】
CBを仕切るのは少々荷が重い気がするが、相手のやり方は結構シンプルだったが厳しい結果。チームで話し合ってほしいところ。

【17:大久保裕樹: 4.5】
かねてから不安視していたラインコントロールの課題が出てしまった。近藤がやっていることを少なくとも踏襲しないと今のDFメンバーだとこれぐらい簡単に失点してしまうだろう。木島とのマッチアップも苦戦しており、そこでの対応からでたレッド。次節以降持ち直してもらいたい。

【4:北爪健吾: 6.0】
サリナスになってからやり易くはなっている。アシストもマークし、チャンスメークのボール供給は徐々に精度が上がっているものの、上位と戦う上でもっともっと精度を上げてもらいたいところ。守備面は相変わらずなので、要修正要素。

【28:乾貴哉: 5.5】
クロスの精度に関しては課題もあるが、どんどんチャレンジして行ってほしいところ。守備面ではマークしているのだが普通に上げられてしまっている回数が多いので、もう少しタイトにやりたいところ。

【22:羽生直剛: 5.5】
今季初先発。そつなくゲームコントロールをしていたところは次第点だが、本人は納得いかなかった模様。コンディションが上がってくれば後半戦必ず大事なピースになるはず。

【15:熊谷 アンドリュー:5.5】
相手のリスタート時の守備は前節同様頑張れていたものの、通常のプレスは前線とうまくあわず結果として真ん中を空けてしまうシーンが見受けられた。ここまでくるとチーム戦術レベルなので、みんなと話して解決したいところ。

【10:町田也真人:5.5】
周囲とあわないシーンが目立つ。特に最後のカウンターシーンはキャプテンマークを巻いている身としてあそこでチャンスを狙う判断は完全に間違っている。あの後 PK献上につながっており、前半も似たようなシーンを作っているので。意識を持ってもらいたいところ。

【8:清武功輝:7.0】
苦しい状況で同点ゴールをゲットし、5試合連続ゴール。確実にチームの中心となっている。そろそろ清武の意見を周りにぶつけていっても良いタイミングなのではないか。

【11:船山貴之:5.5】
存在感は希薄。守備面での貢献も低く途中交代。サリナスの調子が良いので、危機感を持ってほしいところ。

【9:ラリベイ: 8.0】
2つとも疑惑のゴールだが、運を味方に付ける存在になってきているのかも。とはいえ最後のゴールはラリベイらしい勝ち越しゴール。本人のコンディションもよく、暑い夏場でチームをもり立ててほしい。

【21:ホルヘサリーナス: 6.5】
後半でてくるプレイヤーとして素晴らしいパフォーマンス。切れ味のよいドリブルと冷静な判断でチームにアクセントを与え、逆転につながるアシストをマーク。右はやりづらそうではあったが、だんだん慣れてきている。最後担架で運ばれたようだが、twitterで大丈夫だとのこと。この調子で頑張ってもらいたいところ。

【32:高橋壱晟: 5.0】
途中交代だが流れに乗れず、ボランチもあまり機能せず。いろいろさせられるのは本人にとってはいいことだが。。

【26:岡野洵: 5.5】
急遽の途中出場だったが、なかなか波に乗れず。バランスをとれるプレイヤーではないので、致し方なし。

 

【エスナイデル監督:5.5】
怪我の近藤に代わり。準備していた大久保の先発。怪我明けの羽生を起用。交代選手のバランスが悪いなと思っていたが、悪い予感が現実になってしまった。とはいえ、コントロール型のCBが不在なのはチームの大きな課題。補強ポイントは明確なので、ボールが蹴れてラインコントロール可能なクレバー型CBを求む。

<ターニングポイント:審判も味方に付けるフクアリ劇場で久々の3連勝。だが近藤不在で課題露呈。
①好調攻撃陣4-3-3で入るも、すぐ裏に蹴るカマタマーレに対して。前プレがうまくはまらず。
②とはいえ先制ゴール後、こちらのペースで進めていたものの。同点に追いつかれたシーンはボランチがうまくパサーをマークできず、裏に走られているところもラインの駆け引きなくという場面。シュートが跳ね返った後の寄せも甘く、ジェフの今期の典型的な失点シーン。全員に原因があるので話し合いを持った方がいいレベル。
③リスタート後の失点シーンはラインコントロールを完全に放棄した残念なシーン。暑さのせいでもあるが、二度と見たくない。大久保にいたってはだらだらと歩いていたので猛省してほしい。後半プレスをかけないということであればなおさら気をつけたいところ。

④後半サリナスが入ってから攻撃が活性化。右サイドでドリブルとクロスの2択が作れることで相手を押し込むことが出来ることを証明。スーパーサブとして今後も期待したいところ。

 

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

にほんブログ村

« »