「木山愛媛のキーマンをらしくつぶせるか」 〜2015年J2第8節愛媛FC戦プレビュー〜

jef_preview 愛媛FC

Pocket

<木山愛媛のキーマンをらしくつぶせるか>


<愛媛の成績:3勝1分3敗 得点7 失点8 得失点-1>

1 A 徳島  0-0  
2 H 福岡  2-1 西田,河原
3 H 熊本  0-1  
4 A 水戸  1-3 近藤貫
5 A 金沢  1-3 近藤貴
6 H 大分  2-0 河原,玉林
7 A 群馬  1-0 河原

愛媛はご存知木山氏が今年から監督に就き、木山氏らしいポゼッション重視型で縦に早いサッカーを実践している。今までの愛媛も縦にはやいという意味においては近いものがあるが、ポゼッション色が強くなったサッカーを展開しているというのが現状のチーム状況と言えよう。パスCBPが千葉よりも高いのが現状の愛媛の状況を表している。戦績は現状上位チームとの対決がまだないが、降格組の徳島に引き分け、調子の上がってこない大分や群馬にはきっちりかちきるなど、今期は安定した戦いが見えそうな気配が盛られる。この部分は木山氏の戦術が浸透していると言っていいかもしれない。

ただ、千葉木山時代と大きく異なるのは3-4-2-1とやや守備的な布陣を引いているところ。先日のpickupでも紹介したが、愛媛の守備CBPは1位で2位千葉よりも守りに一定の特徴があると言えそうだ。しっかりと5バックで帰陣し、FWの守備開始地点もセンターライン付近から開始する。ボールを奪った後は、いい形でパスをつなぎ、サイドチェンジを加えながら、相手の守備の陣形が乱れたところに昨年チーム得点王の河原あたりが裏に抜け出す、ウイングバックがサイドを奪ってチャンスを作ると言った感じは、千葉時代をあまり変わらなそうだ。

愛媛の攻撃のキーマンは河原だが、河原につなぐ瀬沼や玉林、そして林堂の3人に注意が必要だ。愛媛の得点パターンはサイドからクロスで点を取るパターンが多く、その前段階で瀬沼がいい形でポストプレイを行い、サイドチェンジの起点となっている。いわば木山時代の藤田にあたる。瀬沼自身がボールを受けて河原とのワンツーで得点を決めているパターンもあり、まずはキム、大岩でしっかりと瀬沼に自由にやらせないようにしたい。特に瀬沼は昨年の開幕戦で大岩がうまく瀬沼を抑えられず2失点したのは記憶に新しい。大岩に取ってはリベンジしてもらいたいところだ。

あとは、サイドからいいタイミングで上がってくる松本から移籍してきた玉林。玉林は松本時代に2013年対決しており(2-3で敗戦)、そのときはビルドアップの起点として機能していた。当時の米倉といったところか。サイドからのクロスもそこそこ強力なので、ウィークポイントである左サイドのディフェンスはMFとともにしっかりとケアしていきたい。

そして、守備CBPの稼ぎ頭は林堂。林堂は守備でのボール奪取を重ねているだけでなく、パスCBPもチームナンバーワンでビルドアップ、チャンスメークの起点となっている。いわば智的役割をしていると言っていい。この林堂にボールが出たところでどれだけ森本を筆頭にプレッシャーをかけられるかがこの試合の最大の注目ポイントだろう。木山時代も前からプレスをかけてくる相手には弱かったこともあるし、ポゼッションサッカーをずたずたにしていくのが今年のジェフのスタイルでもあるので、この部分が機能していれば今日の試合もジェフのペースになれるだろう。

<大宮予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー瀬沼ーーーーーー
ーーーー河原ーー岡崎ーーーー
ー三原ー秋山ーー藤田ー玉林ー
ーーー浦田ー江口ー林堂ーーー
ーーーーーー児玉ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

<愛媛の失点パターンはセットプレイ。キムヒョヌンに照準をあわせつつ、ストライカーにそろそろゴールを>


一方愛媛の失点パターンは、セットプレイが多い。8失点中6失点がセットプレイからの失点となっている。3バックの身長が低いということもあるが、セットプレイをゾーンディフェンスでやっていることも影響しているのではないかという印象がある。ここも木山イズムといったところだが、ジェフ時代もゾーンをひいていたが、あまりうまくいかず途中でマンツーマンに変更したことを覚えている。ゾーンでいくことを考えると、今のペチュニクと森本に注目を集めながら、キムを狙うパターンは引き続き有効なのではないかと思われる。他にも金井や大岩も含めてバリエーションを加えていけば、巡り巡ってペチュニクや森本にもチャンスが来そうなので、積極的にセットプレイを取っていけるようにしていきたい。被ファール王の谷澤の怪我の状態が気になるところだが、全体練習には合流している模様。谷澤のとったセットプレイから、太亮のクロスで堅実に加点していきたい所だ。

愛媛戦は未だ負けがなく相性がいい試合ではあるが、二ンジニアスタジアムはいい記憶がない。ラストプレイで追いつかれた試合の采配が木山氏だったことも含めて、木山サッカーを思い出すノスタルジックな試合になりそうだ。ポゼッションサッカーを撃退すべく、普段通りにプレスディフェンスで成長した姿を木山に見せてほしい。

<予想スタメン>
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー森本ーーーーーー
ー谷澤ーー ネイツ ーー井出ー
ーーーー勇人ー  パウロ ーーー
ー太亮ー大岩ーーキムー北爪ー
ーーーーーー高木ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

岡本
田代
金井
佑昌
健太郎
町田
オナイウ

 

↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

« »